このページの本文へ

4割以上のスタートアップにおいて活動資金が6ヵ月以内に枯渇

新型コロナウイルス感染症はスタートアップに大きなマイナス影響、デロイト トーマツ調べ

2020年05月20日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デロイト トーマツ ベンチャーサポートは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症がスタートアップ企業に与える影響についての「COVID-19の事業活動への影響調査アンケート」の結果を発表した。

 国内の選抜されたJ-Startup企業を含む347社にアンケートを実施したもの。8割近くのスタートアップはCOVID-19が事業へマイナスの影響を与えていると回答しているほか、5割以上のスタートアップは影響が半年以上におよぶとみている。

 ランウェイと資金に関しては、4割以上のスタートアップにおいて活動資金が6ヵ月以内に枯渇する可能性がある。さらに3ヵ月以内での活動資金枯渇の可能性を回答した企業は2割以上にのぼる。

 支援制度の利活用状況に関しては、5割以上のスタートアップは現行の中小企業支援策を利用申請していおらず、6割近いスタートアップは「要件に当てはまらない」ことを理由に資金繰り制度の利用を断念しているという。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ