このページの本文へ

ダッカ都市高速鉄道向け回生電力貯蔵装置の受注について

2020年03月11日 10時00分更新

文● 東芝インフラシステムズ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東芝インフラシステムズ株式会社
(株)東芝の事業会社である東芝インフラシステムズ株式会社は、バングラデシュのダッカ都市高速鉄道(以下、MRT)6号線向けとして、回生電力貯蔵装置(Traction Energy Storage System以下、TESS)をインドの大手EPC(Engineering、Procurement、Construction)事業者であるラーセン&トゥブロ社(Larsen & Toubro Limited) から8セット(2MW×7、500kW×1)受注しました。2020年後半より順次納入する予定です。


 (株)東芝の事業会社である東芝インフラシステムズ株式会社は、バングラデシュのダッカ都市高速鉄道(以下、MRT)6号線向けとして、回生電力貯蔵装置(Traction Energy Storage System以下、TESS)をインドの大手EPC(Engineering、Procurement、Construction)事業者であるラーセン&トゥブロ社(Larsen & Toubro Limited) から8セット(2MW×7、500kW×1)受注しました。2020年後半より順次納入する予定です。

 TESSは列車がブレーキをかけた際に発生する回生電力を蓄電池に充電し、列車が加速するための電力として再利用することで、従来使われていなかった回生電力を有効活用することができる鉄道向け地上設備です。また、停電により列車が駅間やトンネル内に停止した場合の非常走行用電源や、変電所の代替であるバッテリーポストとしての活用など多様な用途があります。蓄電池には当社が開発した長寿命のリチウムイオン二次電池「SCiB™」を採用しています。
 当社はこれまでに国内在来線、地下鉄、モノレール、路面電車向けに多くのTESSの納入実績がありますが、本件は初の海外向け案件となります。SCiB™の持つ長寿命性や安全性、さらにはその性能を最大限引き出す制御方式としてTESSが評価されました。

 バングラデシュの首都ダッカは、経済成長を背景に人口が1500万人以上にまで増加し、慢性的な交通渋滞と大気汚染が深刻化しており社会経済の発展が阻害されています。MRT6号線は、こうした課題を解決するバングラデシュ初の都市鉄道の一つでダッカ市内を全線高架で南北につなぎ、全長約20km、16駅で構成される予定です。

 当社は今後も国内および海外市場に向けて、持続可能な社会に貢献する環境配慮型製品であるTESSを展開し、鉄道システムの価値向上に貢献していきます。

ニュースリリースURL:https://www.toshiba.co.jp/infrastructure/news/20200311.htm

TESSの設置事例(沖縄都市モノレール株式会社様向け)
TESSの仕組み
リチウムイオン二次電池SCiB(モジュール)
リチウムイオン二次電池SCiB(セル)

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ