このページの本文へ

即日利用可!コロナウィルス等でリモートワーク中の社員連絡にはSMS配信が便利 ~メールソフトからも配信可能~

2020年03月04日 12時44分更新

文● CM.com Japan 株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CM.com Japan 株式会社
在宅勤務中の社員、PCが貸与されていない社員や派遣、アルバイトへの連絡手段として効果的

CM.com Japan株式会社(本社:渋谷区恵比寿、代表取締役:Jeroen van Glabbeek)は、コロナウィルスや災害時の全社通達(社員への一斉連絡)ツールとして、即日利用可能なSMS配信サービスを発表した。CM.com Japan公式サイトの問い合わせよりアカウント開設依頼をし、アカウント開設後に利用予定額をクレジットカードで前払いすると、すぐにSMS配信が可能となる。SMSなら、個人PCが貸与されていない社員やPCの持ち出し権限がない社員、派遣やアルバイトにも大切な連絡を届けられます。




今回のコロナウィルス対策だけではなく、地震や台風など自然災害が発生した時、社員に自宅待機や時間差出勤の指示を出すツールとしてSMS(ショートメッセージ)が注目されています。SMSは携帯電話番号宛に送るメッセージで開封率が80%以上あります。そのため、Eメールよりも確実に社員へ重要な連絡事項を伝えることができます。特に個人PCが貸与されていない社員やPCの持ち出し権限がない社員、派遣やアルバイトへの緊急通知に効果的です。

CM.com Japan株式会社(以下、CM.com)が提供しているSMS配信サービスはアカウント開設後、クレジットカードで事前入金することで即日利用することができます。初期費用0円、月額費用0円、送った通数分だけ課金されます

また、CM.comのSMS配信ツールだけではなく、GmailやOutlookなど一般のメールソフトからもSMSを送る設定ができます。この設定をすれば、SMS配信ツールの使い方を覚える必要がなく、大変便利です。



【CM.comのSMS配信サービスの利用開始方法】


CM.comのウェブサイトの問い合わせ<https://www.cmtelecom.jp/inquiry/>よりアカウント開設依頼を送る。(夜間や土日祝の問い合わせには翌営業日の対応)
アカウント開設後、管理画面から利用予定額をクレジットカード払いで事前入金する(最低入金額2,000円、Visa、Master、PalPalで入金が可能)。
事前入金完了後、1通から配信可能。


【お問い合わせ】
CM.com Japan株式会社
https://www.cmtelecom.jp/

【CM.comとは】
CM.comは企業やブランドを世界中のモバイルユーザーとつなぐメッセージ配信プラットフォームを提供しているグローバルカンパニーです。CM.comのメッセージ配信プラットフォームは、SMS、WhatsApp(ワッツアップ)、Apple Business Chat(アップルビジネスチャット)、RCS、プラスメッセージなどを一つの管理画面で配信できる画期的なプラットフォームです。日本法人ではコンテンツ制作代行も提供しており、海外顧客に向けたコンテンツの多言語化などのサポートが可能です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ