このページの本文へ

都心特化のマンション買取再販を行うグローバルベイスが社内コミュニケーション・ナレッジ共有に「mitoco」を採用

2020年02月14日 14時41分更新

文● テラスカイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テラスカイ

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下テラスカイ)は、グローバルベイス株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締社長:茂木 敬一郎 以下:グローバルベイス)が、Salesforceへの情報集約と社内コミュニケーションの最適化を目指し、「mitoco」を採用したことを発表します。


【mitoco採用背景】
グローバルベイスは、多彩なリノベーション済み物件の販売やオーダーメイドのリノベーションサービスによって、お客様に理想の住まいを提供し急成長を遂げています。お客様に、より満足度の高い提案を行うためにCRMとしてSalesforceを導入し、ビジネスチャットツールと併用していました。しかし、利用していたビジネスチャットツールとSalesforceとで情報が分断されていたため、Salesforceに情報を集約したいというニーズがありました。


【mitocoの採用理由】
そこで、Salesforceと連携し、主にナレッジの蓄積・共有、情報の全社展開を実現できるサービスを探していました。加えて、社内ワークフローのシステム化を検討していたグローバルベイスでは、そのどちらも実現でき、顧客にまつわる情報をSalesforceに集約できるmitocoの採用を決定しました。


グローバルベイスでは、2019年6月より全社員にmitocoを導入し、カレンダー、トーク、掲示板アプリを利用しており、2020年4月からはワークフローの運用を開始する予定です。


■mitocoについて
Salesforceをプラットフォームとするクラウド時代のグループウェアです。UIに優れたカレンダーや掲示板、複雑な組織に対応可能なワークフローなどコミュニケーションを円滑にし、生産性を向上するアプリをSalesforceで提供します。ワンプラットフォームへの情報集約により、コミュニケーション量の可視化も実現します。
https://www.mitoco.net/


<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創成期からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず4,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル16階
設立:2006年3月
資本金:11 億 4,211 万円(2019 年11月末時点)
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: https://www.terrasky.co.jp/
証券コード:3915(東証一部)

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ