このページの本文へ

全管協少額短期保険(株)とイタンジ、業務効率化を目的にシステム連携

2020年01月30日 11時00分更新

文● イタンジ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イタンジ株式会社
「申込受付くん」との連携で、賃貸住宅における保険契約申込の業務を削減し生産性向上に寄与

テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにするイタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:野口 真平、以下「イタンジ」)と、主に賃貸住宅入居者向け家財保険を提供する全管協少額短期保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:脇野 雅之、以下「全管協少額短期保険」 )は、1月より、賃貸不動産管理会社の業務効率化を目的としてシステム連携を開始いたします。


◆ 背景
全管協少額短期保険は、全国賃貸管理ビジネス協会(全管協)とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社を株主とし、主に賃貸住宅入居者向け家財保険を提供する、少額短期保険業界トップシェア(※1)の株式会社全管協SSIホールディングスグループの中核少額短期保険会社です。

イタンジが提供する「申込受付くん」は、賃貸物件の入居申し込みに関わる手続きデータをデジタル化することにより、入居するまでの時間と手間を大幅に削減できる、導入社数No.1(※2)のWEB 申込受付システムです。

従来、賃貸住宅の入居申し込み時に保険代理店である賃貸不動産管理会社は、入居申し込み情報と重複する内容を、保険契約申込書データとして登録する必要があり、その作業は煩雑で時間がかかるものでした。

◆ 概要
不動産関連WEB申し込み受付システム「申込受付くん」を、全管協少額短期保険の代理店システム「きょうさいくん」と連携させることにより、物件情報や契約情報、保険契約者情報、被保険者情報、入居情報などの入居申し込み情報と重複するデータを、保険契約申込書に必要なデータとして取り込むことが可能になります。

「申込受付くん」により、入居者自らが直接入力した情報を、保険契約申込書データとして連携することが可能になると、賃貸不動産管理会社の入力する内容は、保険内容や保険料支払情報のみになるため、保険契約申込書作成にかかる作業時間の削減が見込まれます。

イタンジは、今後も賃貸住宅の入居前後に関わる様々なサービスと連携し、賃貸不動産管理業における生産性の向上に寄与するとともに、賃貸不動産業界の発展を目指します。


(※1)全管協SSIホールディングスグループ合算の収入保険料に基づく
(※2) 2019年8月時点 東京商工リサーチ調べ

◆ 全管協少額短期保険 会社概要
名称 :全管協少額短期保険株式会社
本社所在地 :東京都千代田区大手町二丁目6番1号 朝日生命大手町ビル
代表者 :代表取締役社長 脇野 雅之
設立 :2007年10月
企業URL :https://www.zkssi.co.jp/
事業内容 :少額短期保険業「関東財務局長(少額短期保険)第16 号」

◆ イタンジ 会社概要
名称 :イタンジ株式会社
本社所在地 :東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40 F
代表者 :代表取締役 野口 真平
設立 :2012年6月
資本金 :36,000,000円
企業URL :https://www.itandi.co.jp/
事業内容 :
・AIを活用した賃貸不動産仲介の営業支援システム「ノマドクラウド」の開発、運営
・賃貸業務のワンストップサービス 「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」の開発、運営
・セルフ内見型お部屋探しサイト「OHEYAGO(オヘヤゴー)」の開発、運営

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ