このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース 第95回

完全無人で自律走行できるハイテクトラクターをクボタが開発

2020年01月30日 08時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 農業機械メーカーのクボタは、1月15と16日に京都市内で開催した製品展示会で、完全無人で自律走行できるトラクター「X tractor」を公開した。

クボタのコンセプトトラクター「 X tractor」(クロス トラクター)

 クボタが初めてコンセプトトラクターを展示したのは、1970年に大阪で開催された日本万国博覧会だ。それから半世紀が経過し、2020年はクボタが創業して130周年という節目でもある。新たに発表されたX tractorは、これに合わせて発表したもの。

大阪万博で展示された「夢のトラクター」

 クボタによると、日本は農業従事者の高齢化や担い手不足などが増加している。また、労働力不足や経営効率の低下など、農家が直面している課題を対処する必要があると説明した。こうした危機に直面している日本では、ロボットや情報通信技術(ICT)を活用した「スマート農業」が注目を集めている。クボタは近い将来、スマート農業が本格的に導入されることを見越して、多数の先進技術を備えたトラクターを開発したという。

 X tractorは、気象データや成長率などのさまざまなデータに基づいて、AIが適切な操作を選択し、完全無人で自律走行する。また、農作業時にトラクターが獲得した農地の環境データなどをほかの機械とも共有できる。

 電力は、リチウム電池と太陽電池を使ってまかなうため、環境への負担を軽減する。タイヤの代わりに四輪クローラーを備え、湿った水田や不整地でも安定した走行が可能だという。

 四輪クローラーは、トラクターの高さを最適なレベルに維持するために形状を変えられるほか、高い牽引力を必要とする作業では、トラクターの高さを下げることで、地面との接触面積を増やすなど、さまざまな作業に向くとしている。

 なお、X tractorの具体的な生産時期については残念ながら未定としている。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン