このページの本文へ

「システムカルテ診断支援サービス」の提供を2020年2月から開始

2020年01月29日 11時00分更新

文● フューチャー株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フューチャー株式会社
~本稼働中の全システムを対象に保守の生産性を評価しITコスト構造の変革をサポート~

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神宮由紀、以下フューチャーアーキテクト)は、お客様の稼働中の全システムを対象に、保守作業の生産性を比較・評価し、システム保守費の適正化とITコスト構造の変革をサポートする「システムカルテ診断支援サービス」の提供を2020年2月から開始します。



フューチャーアーキテクトは、お客様のITコストを可視化して適正に見直すための支援サービス「i-Opty(アイオプティ)」を提供しています。これは、フューチャーアーキテクトが多数のプロジェクト運営で培ったITコンサルティングの知識やノウハウをデータとして蓄積し、公開情報が乏しく競争原理がはたらきにくいITコストの妥当性を評価・検証するサービスであり、IT製品の購入費や、既存システムの保守・追加開発における外部への業務委託費を対象範囲としていました。

今回あらたに提供を開始するi-Optyの「システムカルテ診断支援サービス」は、稼働中の全システムの保守費を対象とし、実績データやお客様へのヒアリングをもとに定量・定性的な指標で評価・検証し、システム規模と工数から保守の生産性を算出して費用の適正化をサポートします。

i-Opty「システムカルテ診断支援サービス」の導入により、短期的には生産性が劣後したシステムのスリム化などの改善施策による保守費の適正化が期待でき、中長期的には生産性の傾向分析によるITコスト構造の変革が期待できます。フューチャーアーキテクトは、本サービスの提供を通じてお客様のITコストの適正化をサポートし、投資余力の創出を支援します。さらに、お客様のIT戦略パートナーとして経営課題を解決し、新たな付加価値を提供していきます。

●フューチャーアーキテクト株式会社 概要
代表者:代表取締役会長 金丸 恭文、代表取締役社長 神宮 由紀
設立:2016年4月1日
事業内容:ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスの提供
URL:https://www.future.co.jp

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ