このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース 第81回

トヨタが東富士工場の跡地に「コネクティッド・シティ」構想 2021年初頭に着工へ

2020年01月07日 15時30分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トヨタが考える街作りが実現

 トヨタ自動車は1月6日(米国時間)、あらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト概要を発表した。

コネクティッド・シティのメインプラザ

 コネクティッド・シティは、人々が生活を送るリアルな環境のもと、自動運転、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術などを導入・検証できる実証都市を新たに作るプロジェクトだ。

トヨタ自動車東日本東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を活用する

 2020年末に閉鎖予定のトヨタ自動車東日本東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を活用し、2021年初頭に着工する。将来的に約70.8万平方メートルにおよぶコネクテッド・シティを完成させる構想だ。

 デンマーク出身の著名な建築家でビャルケ・インゲルス・グループ(BIG)でCEOを務めるビャルケ・インゲルス氏が都市設計などを担当する。BIGは、ニューヨークの新たな第2ワールドトレードセンターやGoogleの新しい本社屋など、これまで数多くの著名なプロジェクトを手掛けている。

 トヨタは、網の目のように道が織り込まれ合う街の姿から、この街を「Woven City」(ウーブン・シティ)と名付け、初期は、トヨタの従業員やプロジェクトの関係者をはじめ、2000名程度の住民が暮らすことを想定していると説明する。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン