このページの本文へ

「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の強化に向けた連携

トヨタとAWSが業務提携を拡大、自動車データの利用強化へ

2020年08月18日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Amazon Web Services(AWS)

 トヨタ自動車とAmazon.com社傘下のAmazon Web Services(AWS)は8月18日、トヨタの「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の強化に向け、グローバルでの業務提携を拡大すると発表した。

 トヨタは、コネクティッドカーの普及に伴い、MSPFとAPIを介し、コネクティッドカーから収集した車両データの車両の設計開発へのフィードバックを実施している。さらに、カーシェアやライドシェアといったサービスや車両メンテナンスの事前通知、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険など法人および個人向けのサービスとも連携させ、車両データに基づく次世代のモビリティサービスをドライバーや乗客に提供している。

 今回の提携拡大により、AWSのグローバルインフラとAWSプロフェッショナルサービスを活用することで将来の膨大なトランザクションに備え、MSPFのビッグデータ蓄積・利用基盤を強化する狙い。なお、包括契約の適用範囲をトヨタグループに広げ、車両ビッグデータをグループ各社で柔軟かつ安全に活用できる基盤を構築し、CASE(Connected=コネクティッド、Autonomous=自動化、Shared=シェアリング、Electric=電動化)時代に向けた準備を加速するとしている。

 トヨタのChief Information & Security Officerであり、Chief Production Officerの友山茂樹氏は、「コネクティッドは、自動車ビジネスにおける開発、生産、販売、サービスの全てのプロセスに大きな進化をもたらしています。今回のAWSとの提携拡大により、ビッグデータ基盤を強化していくことは、CASE時代の大きな強みとなるでしょう」と述べた。

 また、AWS CEOのアンディ・ジャシー氏は、「高性能、高機能かつ高いセキュリティーを持つAWSを利用することで、トヨタはグループ企業全体の改革を迅速に実現できます。お客さまが期待するレベルの体感品質を届けることで、トヨタは今後も自動車業界をリードし続けるでしょう」と述べている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ