このページの本文へ

水平思考と論理的思考力が求められる『Figment: Journey into the Mind(フィグメント~ジャーニー・イントゥ・ザ・マインド)』App Storeにてリリース

2019年11月29日 11時10分更新

文● Bedtime Digital Games

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Bedtime Digital Games
Bedtime Digital Gamesは2019年11月28日にApp Storeで『Figment: Journey into the Mind(フィグメント~ジャーニー・イントゥ・ザ・マインド)』をリリースしたことをお知らせいたします。



ダウンロードはこちらから
https://apple.co/33vVUEp


『Figment(フィグメント)』は、人間の心の中を舞台とし、左脳や右脳から生まれたアイディアの中を冒険します。フリーダム諸島には創造的なパズルが待ち受けており、「水平思考」が求められます。一方で左脳を表現した時計仕掛けの町では、プレイヤーは論理的思考を用いて攻略します。

iOS版ではGame Centerに対応し、ワイヤレスゲームコントローラをフルサポートします。また、より多くのプレイヤーの皆様にゲームを楽しんでもらえるように、最初の2章は無料でプレイ可能です。そして、610円の購入1回で、ゲームの全てをプレイ可能となります。ゲームは日本語を含む19の言語にローカライズされています。(全てのローカライズ言語のリストは当プレスリリース下部をご覧ください。)

『Figment: Journey into the Mind(フィグメント~ジャーニー・イントゥ・ザ・マインド)』について


「この心は何年も平静を保っていたけど、何かがそれを変えてしまった。新しい思考が膨らみ始める・・・そこかしこに恐怖をまき散らす悪夢のようなクリーチャーの姿をもって。恐怖に立ち向かうダスティに残された希望はかつての勇気ある心の声、そして常に楽観的な友達のパイパーだけだ。」

主なフィーチャー


・ゴージャスな手描きイラストの世界における冒険と復興の旅
・邪悪な夢や人間の恐怖との正面からの闘い
・頭脳と体力の両方を使ってパズルを解き、敵を倒す
・冒険の中で時には悪夢的、そして時には明るく楽しくなるBGM
・Game Centerに対応
・MFiに加えXbox OneおよびPlayStation 4のコントローラが使用可能

開発会社Bedtime Digital Gamesについて
デンマーク、オールボー市にあるインディゲーム開発会社で、iOSで大成功を収めた『Back to Bed』や『Chronology』といったゲームのリリース歴を誇ります。Stöj Snakの名で知られるミュージシャンでもありゲーム開発者でもあるNiels Højgaard Sørensenによるゲーム音楽もプレイヤーの皆様を楽しませます。

Bedtime Digital Games公式ウェブサイト : https://www.bedtime.io/
『Figment(フィグメント)』公式トレーラー : https://youtu.be/B-y0SUxDqhY

プレスキット : https://presskit.bedtime.io/sheet.php?p=figment
ローカライズ言語のリスト
英語、アラビア語、繁体字中国語、簡体字中国語、デンマーク語、ペルシア語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、マレー語、ポーランド語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、スペイン語、トルコ語、ウクライナ語

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ