このページの本文へ

小さな酒蔵でもオリジナル日本酒缶を製造できるサービス開始

2019年10月10日 19時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東洋製罐グループホールディングスは10月10日から、イノベーションプロジェクト「OPEN UP! PROJECT」を開始した。

 本プロジェクトは、同社がこれまで培った容器の技術力やノウハウを活かし、ひとりひとりが抱える課題を解決することを目的にしたもの。

 第1弾として、小さな酒蔵でも最小ロット1000缶から、オリジナルの日本酒缶を製造できる祭り訪問型日本酒充填サービス「詰太朗」を10月10日から開始する。本サービスは「夏祭り」「雪まつり」「イルミネーション」「お花見」など、国内外のユーザーに日本酒をアピールできる祭りに焦点をあてた。

 1合サイズの日本酒用アルミ缶専用の移動式簡易充填機をレンタル。新たな設備投資をせず、小さな酒蔵でもユーザーが気軽に日本酒を楽める機会を提供できる。缶で生産することで、瓶よりも割れづらく、軽量かつ低価格で、品質を保ったまま展開できるという。

 現在、日本酒で一般的な瓶詰めは、高級感の演出や大容量の充填するには最適だが、重くなる。地方の小さな酒蔵は、祭りやイベントなど多くの人が集まる機会でも、ビールのように気軽に楽しんだり、土産として持ち帰ったりするには、ハードルが高いという課題があるとのこと。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ