このページの本文へ

ファンド決算業務を半自動化!投資先の管理ツール「FUNDBOARD」がファンド決算書の自動作成機能をリリース

株式会社ケップル
2019年10月04日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファンド決算業務を半自動化!投資先の管理ツール「FUNDBOARD」がファンド決算書の自動作成機能をリリース

株式会社ケップル
株式会社ケップル(本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 神先孝裕、以下ケップル)は、VC・CVC・事業会社など未上場会社に投資をしている投資家向けの投資先管理ツール「FUNDBOARD」において、投資事業有限責任組合(以下ファンド)の決算書に添付する投資先毎の概況書類(投資先会社等の状況及び主要な財務数値)の自動作成機能をリリースしました。


【出力サンプル:ファンドの決算書に添付する投資先毎の概況書類】


これまで、VC・CVCや事業会社、PEファンドなどは、ファンド決算業務に多くの時間が割かれており、特にファンド決算書に添付をする投資先毎の概況書類の作成に多くのリソースが割かれておりました。この度、FUNDBOARDではファンドの決算業務を効率化し、投資業務や投資先の支援業務により集中していただくために、ファンド決算書に添付する投資先概況書類の自動作成機能をリリースいたしました。

FUNDBOARDに入力された投資先の基本情報、投資情報(資本政策)、財務情報から、自動で投資先毎の概況資料が作成され、Excelで出力することが出来ます。FUNDBOARDを使えば、決算の度に多くのExcelを加工したり、情報を入力したりする必要がありません。

【FUNDBOARDの詳細はこちら】
https://fund-board.com/

FUNDBOARDは、投資家の皆様が投資業務や投資先の支援業務により集中できる環境を整えることができるよう、引き続き機能開発に注力して参ります。


株式会社ケップルについて
株式会社ケップルは、「Create New Industries」をビジョンに掲げ、スタートアップや投資家のバックオフィス業務を支援してきました。2018年8月に投資先の管理ツール「FUNDBOARD」をリリース。2019年8月には投資家とスタートアップのための学びの場「ケップルアカデミー」をリリース。これらサービスを軸として、世界中のスタートアップと投資家を支援することを目指しています。
********************
本件に対する問い合わせ 下記お問い合わせ先までご連絡ください。
株式会社ケップル TEL:(03)6277-5760 E-mail:contact@kepple.jp

PRTIMES リリース詳細へ

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ