このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第548回

現地SIM不要、世界130ヵ国超で入国後即使えるWi-Fiルーター「Solis X」を衝動買い

2019年09月19日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

利用する前にプリペイド型アクセス権を購入
購入などの作業は専用アプリ上で完結する

 Solis Xは使用前にハードウェア的に特に必要な設定は無いが、プリペイド型のWi-Fiルーターなので、利用する前にはユーザーアカウントの開設や“DAYPASS”と呼ばれるプリペイド型のアクセス権をネット決済で購入する必要がある。

 これら作業のすべては、専用アプリである「Solis Wi-Fi」(Android版、iOS版)をスマホにダウンロードして導入し、画面上のガイダンスに従って進むだけで極めて簡単に完了できる仕組みだ。

Solis Wi-Fiアプリをスマホに導入してさまざまな管理機能を行なう

Solis Wi-Fiアプリをスマホに導入してさまざまな管理機能を行なう

まずはWi-FiルーターであるSolis Xとスマホを接続する。複数台のSolisシリーズを一元的に管理できるアプリだ

まずはWi-FiルーターであるSolis Xとスマホを接続する。複数台のSolisシリーズを一元的に管理できるアプリだ

 アプリを導入して起動準備ができれば、先ほどのオシャレなパワーオンスイッチを長押しする。指先に軽いバイブレーションを感じたら、Solis Xはすでにパワーオンプロセスに入っている。

 スマホの設定画面のWi-Fi選択で、自分の“#Skyroam_XXX(XXXは各個体標識文字)を選択し、Solis X本体の裏側に記載されているパスワードを入力して接続する。無事接続されると、“BUY DAYPASS”というメニューが表示されるので必要な期間のDAYPASSを選択して購入する。

スマホ側でWi-Fiも設定して、Solis XとSolis Wi-Fiアプリが接続されたらDAYPASSの購入画面が表示される。DAYPASSには1日(9ドル)~20日(180ドル)までの4種類がある

スマホ側でWi-Fiも設定して、Solis XとSolis Wi-Fiアプリが接続されたらDAYPASSの購入画面が表示される。DAYPASSには1日(9ドル)~20日(180ドル)までの4種類がある

Solis X購入時にオマケでゲットした1Dayクーポン

Solis X購入時にオマケでゲットした1Dayクーポン

 購入にはPayPalやクレジットカードの登録も必要だ。DAYPASSには、1日(9ドル)、5日間(45ドル)、10日間(90ドル)、20日間(180ドル)の4種類がある。約1日が980円前後なので決して安くはないが、国際線機内のWi-Fi使用料金に比べれば圧倒的に安くて高速だ。

スクラッチしてコードを入手できるプロモーションは頻繁に行われているようだ。正しくコード番号を入力し終わるとアクティベーションが始まる。アクティベーション時は24時間あるDAYPASSは同時にカウントダウンがスタートし、“00:00”表示になるまで24時間使える

 DAYPASSがアクティベーティングされると、その時点から24時間のカウントダウンタイマーがスタートする。スマホ上の画面には、DAYPASSの残り時間と現在、Solis Xを使用しているクライアント数、今のロケーション(国)、カメラ機能とASSISTANT機能へのジャンプボタン、最下段には、Status、Shop、Account各メニューへ移動するためのボタンが常時表示される。

 Accountボタンを押すことでユーザープロファイルの設定や、DAYPASS購入の場合の支払い手段の設定からユーザーのヒストリカルデータであるMY TRAVELSやHOTSPOT(Solis X)の管理、スマートアシスタントやスマートボタンの説明設定などの詳細を確認できる。

アカウント設定のメニュー。プロファイルの設定から、支払い方法、写真データの保存場所、今までSolis Xを使った国のログデータ、スマートアシスタントやスマートボタンの設定など、ほとんどの操作はこのメニューから行なえる

アカウント設定のメニュー。プロファイルの設定から、支払い方法、写真データの保存場所、今までSolis Xを使った国のログデータ、スマートアシスタントやスマートボタンの設定など、ほとんどの操作はこのメニューから行なえる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン