このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第548回

現地SIM不要、世界130ヵ国超で入国後即使えるWi-Fiルーター「Solis X」を衝動買い

2019年09月19日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

グローバルWi-Fiとモバイルバッテリー機能に加えて
リモートカメラ機能とマイク・スピーカーを搭載

 かなりぶ厚くてカラフルで豪華なパッケージを開くと、Solis X本体と充電・給電ケーブル、超簡単なスタートガイドが出てくる。今回のSolis Xは、“Global Wi-Fi”機能と“Power Bank”(モバイルバッテリー:4700mAh)機能に加えて、“Remote Camera”機能(8メガピクセルのオートカメラ)、加えてマイク、スピーカーを搭載している。

豪華でキチンとデザインされたオシャレなパッケージに、必要最低限のパーツが入っている。充電用のUSB/ACアダプターはもちろん入っていない

豪華でキチンとデザインされたオシャレなパッケージに、必要最低限のパーツが入っている。充電用のUSB/ACアダプターはもちろん入っていない

同梱物はSolis X本体、USB-A→USB Type-C充電ケーブル、USB-Type-C→USB-Aアダプター、そしてクイックスタートガイドの4点

同梱物はSolis X本体、USB-A→USB Type-C充電ケーブル、USB-Type-C→USB-Aアダプター、そしてクイックスタートガイドの4点

 また、後半でご紹介する“Smart Assistant”機能と呼ばれる従来のWi-Fiルーターではまず体験することのできなかった、スマートウォッチ的な各種トリガー機能がサポートされている。全部で4つの機能がウリのグローバルWi-Fiルーターだ。

Solis XはWi-Fiルーターにもかかわらず、800万画素のデジタルカメラ機能を搭載

Solis XはWi-Fiルーターにもかかわらず、800万画素のデジタルカメラ機能を搭載

カメラと180度反対側側面にある給電・充電ポートはUSB Type-Cを採用

カメラと180度反対側側面にある給電・充電ポートはUSB Type-Cを採用

Wi-Fiルーター、モバイルバッテリー、カメラとしてのスペック詳細

付属する2本のケーブルを接続してスマホに給電できる

Solis Xの4大機能は、Global Wi-Fi、Power Bank、Remote Camera、Smart Assistantだ。Remote Camera、Smart Assistantの2つの機能が初代のSolisに追加された

Solis Xの4大機能は、Global Wi-Fi、Power Bank、Remote Camera、Smart Assistantだ。Remote Camera、Smart Assistantの2つの機能が初代のSolisに追加された

 本体上面にはLEDライトで白く光る細くてユニークなパワーオン・オフ・スイッチ(後述するSmart Button兼用)が配置され、極めてアイコニックなデザインだ。そしてWi-Fiルーターの入口であるWi-Fi信号の有無、出口であるWAN信号の有無、データーのアップ・ダウンロードをビジュアルで表現する3つのインジケーターが目立ち過ぎないように配置されている。

ミニマムなスイッチと表示装置。機能性とデザイン性を見事に両立した必要十分製品だ

ミニマムなスイッチと表示装置。機能性とデザイン性を見事に両立した必要十分製品だ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン