このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ポルシェ、BMW、Miniまで! EV祭りとなったフランクフルトモーターショー

2019年09月18日 12時00分更新

文● 鈴木ケンイチ 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

量産モデルからコンセプトカーまで
各社がEVを発表

 9月10日からドイツで開催されたフランクフルトモーターショー(IAA2019)は、フォルクスワーゲンの量産モデル「ID.3」を筆頭に数多くのEVが発表され、まさにEV祭りと呼べるような内容であった。ここで各社から登場したEVを紹介しよう。

VWのEV計画第一弾!
フォルクスワーゲン「ID.3」

 今回のショーで、もっとも注目度の高いクルマがフォルクスワーゲンのEV「ID.3」だ。すでにコンセプトカーは発表済みであったが、今回は堂々たる量産モデルが登場した。フォルクスワーゲンはグループとして、今後10年で20車種以上のEVを発表し、1000万台以上を販売することを計画している。その本格的な拡販の第一弾となる。まさに電動化を推し進めるフォルクスワーゲンの象徴ともいえるだろう。

 クルマの特徴はEV専用のプラットフォームのMEBを採用したこと。床下に電池を並べ、後輪にモーターを配した、この新しいプラットフォームは、ID.3だけでなく、後に続く派生モデルにも採用される。ID.3の最初の量産モデルは限定の「ID.3 1ST」となり、58kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は最大420km(WLTPモード)となる。後に、オプションとして45kWh(航続距離330km)と77kWh(航続距離550km)が用意される。注目の価格は3万ユーロ未満(約360万円未満)。2020年半ばにはドイツで発売が開始されるという。

 フォルクスワーゲンの展示ブースには、ID.3とID.シリーズのコンセプトカーがひしめき、市販モデルは他にe-UPのみ。ブースにある車両すべてがEVという内容だ。また、会場となったフランクフルトの街中でもID.3の広告を数多く目にできた。

スペインとチェコの国民車もEV
セアト「el-Born/Mii」
シュコダ「CITIGO e iV」

 フォルクスワーゲンのグループの一員であるセアトとシュコダにもEVが展示されていた。セアトは、ID.3のセアト版となる「el-Bornコンセプト」と、e UPのセアト版の「Mii」。シュコダもeUPのシュコダ版の「CITIGO e iV」だ。セアト版は、本家フォルクスワーゲンよりもスポーティーなのが特徴的だ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ