このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

最新パーツ性能チェック 第267回

「FF14」や「PUBG」、「Apex Legends」など人気ゲーム10タイトルでチェック

Core i7-9700KFとRyzen 7 3700Xのゲーム性能を徹底比較

2019年09月20日 13時00分更新

文● 松野将太 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まとめ:ゲームに関しては依然として第9世代Coreプロセッサー強し

 ここまで見てきた通り、10タイトル中「Tom Clancy's The Division 2」を除くほとんどのタイトルでCore i7-9700KFの優位性が確認できた。何度も言及しているシングルスレッド性能の高さに加え、多くのタイトルにおいて最適化がしっかり行なわれていることも要因のひとつだろう。

 Ryzen 7 3700XはCPU負荷がそれほど高くないゲームではフレームレートを伸ばしにくいCPUなのかもしれない。16スレッドの強みはあるものの、それを生かせるタイトルが少ない、というのが正直なところだろう。現状では総合的に見て、ゲームに関しては依然として第9世代Coreプロセッサーが強い、と言って差し支えなさそうだ。

 また、PC自作という観点で考えれば、第9世代Coreプロセッサーはオーバークロックできる「Intel Z390」搭載マザーボードが最安クラスで1万2000~3000円前後とお手頃になってきているのもポイントだ。第3世代RyzenはPCI Express 4.0が使える「AMD X570」搭載モデルだとまだ1万7000~8000円前後。最新機能は使えないものの互換性のある「AMD X470」搭載モデルでも、BIOSTAR製品以外は1万4000~6000円前後だ。

 CPUの価格が拮抗している両者。ゆえに、プラットフォームを一新する自作においてマザーボードも含んだ相対価格を考慮しても、第9世代Coreプロセッサーに分があると言える。もちろん、今後の価格変動でこの差がどうなるのか見えないところもある。だが少なくとも、2019年10月1日に迫る消費税の引き上げ前にゲーミングPCを自作するつもりで、Core i7-9700KFとRyzen 7 3700Xで迷っているのであれば、Core i7-9700KFを選んだほうがコストパフォーマンスがいいことは確かだろう。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中