このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第267回

「FF14」や「PUBG」、「Apex Legends」など人気ゲーム10タイトルでチェック

Core i7-9700KFとRyzen 7 3700Xのゲーム性能を徹底比較

2019年09月20日 13時00分更新

文● 松野将太 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Shadow of the Tomb Raider

 同じくDirectX 12対応のタイトル、「Shadow of the Tomb Raider」の結果はどうだろうか。フルスクリーン設定で画質プリセットは「最高」、APIはDirectX 12を選択。ゲーム内ベンチマークモードで、各解像度の平均フレームレートとCPUが処理するフレームレートの平均・最小値を計測した。

Shadow of the Tomb Raider、フルHD設定時のフレームレート

Shadow of the Tomb Raider、WQHD設定時のフレームレート

Shadow of the Tomb Raider、4K設定時のフレームレート

 CPUの処理フレームレートはCore i7-9700KFがずば抜けて高い。しかし、平均フレームレートを見ると、GPU負荷の低いフルHD環境こそCore i7-9700KFが勝っているが、解像度が上がって描画負荷が高まるにつれて差はほとんどなくなっていく。フルHD環境でプレイするのであればCore i7-9700KFがオススメだが、それ以上の解像度であればどちらのCPUでも問題なくプレイできるだろう。

Forza Horizon 4

 やや趣向を変えてレーシングゲーム「Forza Horizon 4」でも試してみた。フルスクリーン設定で画質プリセット「ウルトラ」を選択。ゲーム内ベンチマークモードでフレームレートを計測している。なお、ダイナミックオプティマイゼーションの設定はオフとした。

Forza Horizon 4、フルHD設定時のフレームレート

Forza Horizon 4、WQHD設定時のフレームレート

Forza Horizon 4、4K設定時のフレームレート

 先にテストした「Far Cry New Dawn」に似た傾向で、フルHDからWQHDではCore i7-9700KFのフレームレートが高く、4Kではその差がだいぶ詰まった印象だ。フレームレートを見ればわかる通り、DirectX 12系タイトルではあるもののかなり軽めなので、Ryzen 7 3700Xの強みは生かされなかったのかもしれない。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中