このページの本文へ

繊維専門商社のヤギと共同でサービススタート

アパレル×ITスタートアップのシタテル、海外アパレルの国内生産受発注サービス開始

2019年08月30日 13時40分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シタテルは8月29日、繊維専門商社のヤギと共同で、海外アパレルブランド向けに、オンラインで日本国内へ衣服生産を受発注できるサービスをリリースしたと発表。

 オンラインで生産者とブランドをつなぐビジネススキームとシステムを提供しているシタテルが、国内生産と管理を担当。ヤギは、アメリカの拠点におけるマーケティング、オンライン上でOEMの相談、顧客対応、カスタマイズ発注できるシステムを運用する。

 「MADE IN JAPAN」という付加価値を求める海外ブランドが、日本の衣服生産技術や高品質な生地に50着程度の小ロットからアクセスできるようになるという。

 第1弾では、海外で評価が高い岡山県のデニムと加工技術を提供。今後、テストマーケティングとして200社のユーザー登録を目指し、将来的には月20件の受注を想定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ