このページの本文へ

傘とモバイルバッテリーのレンタルサービスが設置スペースをシェア

2019年08月28日 20時30分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Nature Innovation Groupは8月27日、東京電力エナジーパートナーと業務提携契約を締結した。シェアリング構想を共同展開していくことを目的としたもの。

 取組の第1弾として、同社が運営する傘のシェアリングサービス「アイカサ」と、東京電力エナジーパートナーが提供するスマホのモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」をセットで設置したシェアリングブースを、ゆりかもめと京浜急行電鉄の駅で運用する。

 今後、利用者のニーズと両社の条件が合った場合は積極的にシェアリングブースを展開し、将来的にはアイカサと充レンの一体型スタンドを開発・設置するとのこと。

 両社は、これからも社会の多様なニーズに応え、利用者の暮らしを支える新しい価値の創造に挑戦し続けるとしている。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ