このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第270回

YouTuberが発見:

iOS 12.3.1、旧iPhoneのバッテリー改善か

2019年05月29日 20時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが5月24日に配信を開始したiOS 12.3.1は、一部の旧iPhoneのバッテリーの駆動時間を改善している可能性がある。YouTubeのベンチマークチャンネルiAppleBytesが5月25日に発表した。

 iAppleBytesがiPhone 5sから8までの旧機種のバッテリー駆動時間を、Geekbench 4のバッテリーテスト機能を用いてiOS 12.3とiOS 12.3.1で比較したところ、iPhone 5S、iPhone 6、iPhone 7の3機種で改善がみられた。

 具体的にはiPhone 5sのバッテリー駆動時間が2時間35分から2時間49分に、同iPhone 6は2時間34分から2時間52分に、同iPhone 7は2時間58分から3時間16分へ伸びたという。

 残念ながらiPhone 6sとiPhone 8では大きな変化はみられなかった。

 上記3機種を利用しているユーザーで、まだiOS 12.3.1をインストールしていない方はアップデートしてみてはどうだろうか?


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中