このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート第17回

デル、第10世代Coreプロセッサー搭載の「XPS 13 2-in-1」など全18製品をCOMPUTEXで発表

2019年05月29日 15時00分更新

文● ジャイアン鈴木

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米デルは5月28日、「COMPUTEX TAIPEI 2019」初日にメディア向けイベント「Dell Computex International Press Event」を開催し、最新のコンシューマー向けPCおよびゲーミングPCを発表した。今回発表したのはXPS、Alienware、Dell Gaming、Inspiron、Precisionなどの5シリーズ18製品。すべての製品が5月から8月にかけて順次発売する予定だ。

今回のメディア向けイベントにはスクリーンは用意されておらず、司会者が中央のお立ち台から各シリーズのブースに移動して個別に製品の特徴やその魅力を語るというフランクなスタイルが採用されていた。

XPSシリーズは「XPS 13 2-in-1」などを用意

 「XPS 13 2-in-1」はフレームレスディスプレーを16:10の比率に変更した2 in 1 PC。ディスプレー面積が7%拡張されたことにより、さらに全画面感が強調されている。ウェブカメラはディスプレー上部に搭載。FHD+とUHD+のディスプレーが用意されており、HDR400認定のUHD+パネルではDolby Vision対応のHDRコンテンツを鑑賞可能だ。またカラーパフォーマンスを損なわずにブルーライトをカットするとうたう「Eyesafeディスプレイ」機能が新たに採用されている。

 CPUは第10世代のCore i3-1005 G1/Core i5-1035 G1/Core i7-1065 G7、メモリーは4GB/8GB/16GB/32GB、ストレージは256GB/512GB/1TB(PCIe SSD)、ディスプレーは13.4インチFHD+(1920×1200ドット、500ニト、タッチ対応)/13.4インチUHD+(3840×2400ドット、500ニト、タッチ対応)から選択可能。本体サイズ/重量は297×207×7〜13mm/1.32kg。51WHrのバッテリーを内蔵し、通信機能はKiller AX1650 (2x2) built on Intel WiFi 6 Chipset + Bluetooth 5.0を搭載する。

「XPS 13 2-in-1」発売日:7月予定/価格:999.99ドル〜 。

 デルのフラッグシップノートPC「XPS 15」は、最新の第9世代Coreプロセッサーを採用。8コア16スレッドの「Core i9-9980HK」と「NVIDIA GeForce GTX 1650」を組み合わせることが可能で、従来モデルよりもパフォーマンスが引き上げられている。ディスプレーにはXPSシリーズとしては初めて有機ELパネルが選択可能で、DCI-P3 100%の色域と高いコントラスト比が実現されている。またウェブカメラはディスプレー下部から上部に移動されており、自然な画角でビデオ通話が可能だ。

 CPUは第9世代のCore i5-9300H/Core i7-9750H/Core i9-9980HK、メモリーは8GB/16GB/32GB/64GB、ストレージは256GB/512GB/1TB/2TB(PCIe SSD)、ディスプレーは15.6インチFHD(1920×1080ドット、500ニト)/15.6インチUHD(3840×2160ドット、タッチ対応、500ニト)/15.6インチOLED UHD(3840×2160ドット、タッチ非対応、400ニト)、バッテリーは56WHr/97WHrから選択可能で、外部グラフィックスとして「NVIDIA GeForce GTX 1650」を搭載する。本体サイズ/重量は357×235×11〜17mm/1.8kg(56WHr、タッチ非対応モデル)または2kg(97WHr、タッチ対応モデル)。通信機能はKiller AX1650 (2x2) built on Intel WiFi 6 Chipset + Bluetooth 5.0を搭載する。

「XPS 15」発売日:数週間以内/価格:999.99ドル〜(液晶版)、1899.99ドル〜(有機EL版)。

デザインを一新したゲーミングノートPCのAlienwareシリーズ

 「Alienware m15」と「Alienware m17」はデザインを一新したゲーミングノートPC。重量は「Alienware m15」が約2.1kg、「Alienware m17」が約2.6kgで、さらにそれぞれAlienwareシリーズの15インチモデル、17インチモデルとして史上最薄ボディーを実現している。また「Alienware m15」には「Tobiiアイトラッキング」が、「Alienware m17」には「Eyesafeディスプレイ」を採用するなど、ゲーム環境を充実させるディスプレー技術が搭載されている。さらにパフォーマンスを向上させつつも、新たに最適化したサーマルモジュールデザインが採用されており、「Alienware m15」は20%、「Alienware m17」は25%、エアフローが向上しているという。

 「Alienware m15」のCPUは第9世代のCore i5-9300H/Core i7-9750H/Core i9-9880H/Core i9-9980HK、メモリーは8GB/16GB、ストレージはシングル構成で256GB/512GB/1TB/2TB(PCIe SSD)/512GB(Intel Optane)、デュアル構成で512GB/1TB/2TB/4TB(PCIe SSD)/512GB(Intel Optane)+512GB(PCIe SSD)、ディスプレーは15.6インチFHD(1920×1080ドット、60Hz)/15.6インチFHD(1920×1080ドット、144Hz)/15.6インチFHD(1920×1080ドット、240Hz)/15.6インチOLED UHD(3840×2160ドット、60Hz)、外部グラフィックスはGTX 1650/GTX 1660 Ti/RTX 2060/RTX 2070/RTX 2080から選択可能。本体サイズ/重量は360.5×276×17.9〜20.5mm/2.16kg。76WHrのバッテリーを内蔵し、通信機能はKiller Networking E2600 Gigabit Ethernet NICまたはKiller Networking E3000 2.5Gbps Ethernet NIC を選択可能で、合わせてIntel Dual-Band Wireless-AC 8265 with MU-MIMO+Bluetooth 4.2が搭載される。

 「Alienware m17」のCPUは第9世代のCore i5-9300H/Core i7-9750H/Core i9-9880H/Core i9-9980HK、メモリーは8GB/16GB、ストレージはシングル構成で256GB/512GB/1TB/2TB(PCIe SSD)/512GB(Intel Optane)、デュアル構成で512GB/1TB/2TB/4TB(PCIe SSD)/512GB(Intel Optane)+512GB(PCIe SSD)、ディスプレーは17.3インチFHD(1920×1080ドット、60Hz)/17.3インチFHD(1920×1080ドット、144Hz)、外部グラフィックスはGTX 1650/GTX 1660 Ti/RTX 2060/RTX 2070/RTX 2080から選択可能。本体サイズ/重量は399.8×295.5×18.6〜20.5mm/2.63kg。76WHrのバッテリーを内蔵し、通信機能はKiller Networking E2600 Gigabit Ethernet NICまたはKiller Networking E3000 2.5Gbps Ethernet NIC を選択可能で、あわせてIntel Dual-Band Wireless-AC 8265 with MU-MIMO+Bluetooth 4.2が搭載される。

「Alienware m15」発売日:6月11日/価格:1499.99ドル〜。
「Alienware m17」発売日:6月11日/価格:1499.99ドル〜。

 Alienwareからは7.1chゲーミングヘッドセット「Alienware 7.1 Gaming Headset AW510H」、ステレオゲーミングヘッドセット「Alienware Stereo Gaming Headset AW310H」も発表されている。チャンネル数は異なるが、どちらにも50mmハイレゾリューションドライバーが内蔵され、非露出式の延長ケーブルと収納式のブームマイクが採用されている。

「Alienware 7.1 Gaming Headset AW510H」発売日:7月31日(Dark side of the moon)、8月7日(Lunar light)/価格:99.99ドル〜。
「Alienware Stereo Gaming Headset AW310H」発売日:7月31日(Dark side of the moon)/価格:79.99ドル。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー