このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート第46回

Antecが人気シリーズの新作ケースをCOMPUTEXで展示

2019年06月06日 01時43分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Antecは、COMPUTEX TAIPEI 2019に合わせて、例年通りGrand Hyatt Taipeiにプライベートブースを構えていた。国内市場では静音系PCケースのセールスが好調な老舗メーカーだ。

AntecのPerformanceシリーズから登場予定のPCケース「P82」シリーズ

 ブースでは、人気のPerformanceシリーズに属する新型PCケース「P82」を展示していた。ラインナップはフロントにフラットパネルを備える「P82」と強化ガラスを採用する「P82 CRYSTAL」の2タイプ。左サイドパネルに着脱可能な強化ガラスパネルを備える点は同じだ。

フロントにフラットパネルを採用する「P82」フロントが強化ガラスの「P82 CRYSTAL」
電源がトップマウント構造で、内部は広々。裏配線スペース側からもアクセスが容易だ

 内部は電源がトップマウント構造で、ボトム部分にファンやラジエーターを搭載できる構造。重量級ビデオカードを支えるホルダーを備えるほか、リアの拡張スロット構成から、カードの垂直配置にも対応する。

ビデオカードホルダーを装備カードの垂直配置にも対応する

 国内での販売は10月ごろの予定で、「P82 CRYSTAL」の予価は1万5000円前後となっている。

参考出品されていたMini-ITX対応のオープンフレームケース「STRIKER」。8月発売予定
こちらも参考出品の横置きPCケース「BLAZER GT」。エンジンルームをイメージしたセミオープンフレームケースだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中