このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート第48回

ViewSonicがType-C接続の液晶や4Kプロジェクターを展示

2019年06月09日 01時43分更新

文● 中山 智 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ViewSonicは5月28日から開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2019に合わせて、台北市内にある台湾支社にて、プレス向けの展示ブースを開設。PC向けディスプレーのほか、現在同社が注力をはじめているプロジェクターの新モデルなどを公開した。

ViewSonic台湾支社のエントランスでは、同社のシンボルにも使われている「ゴールディアンフィンチ(胡錦鳥)」が飼育されている

4K UHD対応プロジェクター

 展示スペースでも特にプッシュしていたのが、4K UHD解像度に対応したプロジェクター「X10-4k」だ。光源のスペックはLED RGBBテクノロジー搭載で2400LEDルーメン。最大使用時間は約3万時間。一般的なRGB(赤、緑、青)に4つ目の光源としてもうひとつB(青)を加えることで、より彩度を高め、色の再現性もアップしている。

RGBBと4つの光源を使った4Kプロジェクター「X10-4k」
背面の入力端子などを装備

 本体にHarman/kardonの8Wデュアルスピーカーを搭載しており、別途スピーカーシステムと組み合わせることなく、単体で迫力のある音が楽しめる。

 また本体にはAndroidをベースとした独自のOSを搭載しており、単体でYouTubeや動画サービスの再生にも対応。スマートフォンの連携もBluetoothとWi-Fiによりワイヤレスで行なえ、画面のミラーリングにも対応している。ただしアプリストアは独自のものとなる。価格は未定だが、日本でも8月に発売予定となっている。

スピーカーはHarman/kardon独自のアプリストアを用意
スマートフォンのミラーリングもワイヤレスで可能付属するリモコンは中央のダイヤルボタンが特徴

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン