このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート第47回

COMPUTEXで開発者に直撃取材

今年のSilverStoneは注目の新製品が目白押し!

2019年06月06日 14時00分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本でも人気の高いPCパーツメーカーのSilverStone。COMPUTEX TAIPEI 2019の同社ブースは新製品ラッシュだった。

日本のイベントでもおなじみのSilverStoneマーケティング部Tony Ou氏が、新製品について熱意たっぷりに語ってくれた

PCケースのフラッグシップモデル
「ALTA」

 「ALTA S1」は、XL-ATXマザーも搭載できる大型のPCケース。自分が選んだパーツを見せたいという要望に応えるために、フロントとサイドに強化ガラスを採用。LEDの発光が映えるように、ガラス自体にも色をつけている。

フラッグシップモデルとして開発中のPCケース「ALTA S1」。フロントとサイドに強化ガラスを採用。単調なデザインにならないよう、ガラス自体に角度をつけたり、一部にアルミを残したり、見た目にもこだわっている

 しかも、フロントからビデオカードが見えるように設計されている。ビデオカードを見せるのにライザーケーブルは必要なく、マザーボードのPCI Express x16スロットに差すだけで、ちょうどフロントからビデオカードが見えるようになっている。

SilverStoneお得意の倒立レイアウトを採用。ビデオカードがフロントから見えるように設計されている

 つまり内部は、マザーボードを90度回転させた倒立レイアウトを採用しており、底部から吸気して天頂部から排熱する煙突構造になっている。

マザーやビデオカードのインターフェースやケーブルを隠すため、天頂部は2重構造になっている

 ケース内には製品名の「ALTA S1」と書かれたアクリルプレートが飾られているが、ここはラジエーターやリザーバータンクを設置する場所、あるいはドライブベイとなる予定で、製品版ではアクリルプレートはなくなる可能性もあるという。

200mmファンが3基並んだ底部。直上にエアフローが発生するので、煙突効果も手伝って効率よく排熱できるという

 製品は年内の発売を目指して開発中。価格は6万円以上となる見込みで、同社のPCケースでも最高値となるそうだ。

フロントインターフェースとしてUSB 3.0ポートを4つ、Type-Cポートを2つ備える

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中