このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2019レポート第15回

第10世代Core「Ice Lake」と「Core i9-9900KS」が登場のインテル基調講演

2019年05月29日 13時45分更新

文● 中山智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
インテルの上席副社長 兼 クライアント・コンピューティング 事業本部長 グレゴリー・ブライアント氏

 米インテルは5月28日、台北で開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2019で基調講演を開催した。インテルの上席副社長 兼 クライアント・コンピューティング 事業本部長 グレゴリー・ブライアント氏が登壇。「第10世代インテルCore」を始めとする、同社の最新プロセッサーについて解説した。

 ブライアント氏は冒頭で、1971年に同社が発売したマイクロプロセッサー「4004」を見せ、「1971年はレッド・ツェッペリンがロックの名盤をリリースしたり、ディズニーワールドが誕生したりするなど、大きな革新が起こった年。同じようにインテルはテクノロジーのブレイクスルーとイノベーションを提供してきた」と話す。

 さらに「現在はデータ中心の時代で、世界中のデータの90%が数年で作られている。ただ実際に意味ある価値を生み出すための分析に使われているのは、その2%だけ。インテルはあらゆる場所や人々、企業の手に新しいタイプのコンピューティング能力を提供したい」と、集めたデータの解析や利用のため、人が使うデバイス側、つまりエッジ側の処理能力が重要視されているという。

社会的に大きな変革のあった1971年にインテルは「4004」をリリース

リモートワークに優位な第9世代インテルCore vPro

 続けて、ブライアント氏は企業向けのPCに搭載される「第9世代インテルCore vPro」を発表。「最近の調査では86%の人が、PCでのリモートワーク時にもっとも生産性が高くなるという結果が出ている。またミレニアム世代の42%は、リモートワークなどの技術がない会社では働きたくないと回答している」とし、リモート管理などの機能を搭載したvProシリーズの優位性をアピール。vProとしては初のCore i9を始めとして、第9世代インテルCore vProには14のSKUが用意されているとのこと。

第9世代インテルCore vProの発売を発表

 さらにモバイルとワークステーション向けの「Xeon Eシリーズ」の最新モデルもアナウンス。こちらも同じく14のSKUが用意されており、vProや128GBのDDR4-2666ECCメモリーに対応。最上位モデルは8コア/16スレッド(3.7GHz/5GHz)となっている。第9世代インテルCore vProおよびXeon Eシリーズの最新モデルは5月28日からリリースされる。

Xeon Eシリーズの最新モデルも発表され、14のSKUが用意されている

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中