このページの本文へ

【速報】Core i9-9900KS、CINEBENCH R20でRyzen 7 3800X超え

2019年10月30日 22時00分更新

文● ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年10月30日22時、IntelのデスクトップPC向け第9世代Coreプロセッサーの最上位「Core i9-9900KS Special Edition」の販売が始まった。実売価格は税込みで6万6000円前後。1000個ロットあたりのアメリカ価格ではCore i9-9900Kよりも25ドル高いものの、同CPUの初出価格と同額での販売となった。

 製品サンプルを入手できたので、本稿ではベンチマークをお届けする。しかし、その前にわずかではあるがCore i9-9900Kとパッケージが微妙に異なる点があるので、写真を中心に紹介したい。なお、細かな製品のスペックなどは先日掲載した記事でご参照いただきたい。

今回Core i9-9900KSのサンプルが入っていた箱。こちらは市販品では付属しない模様

開けるとこんな具合でCore i9-9900KSの外箱が御開帳

Core i9-9900K(右)の外箱と同様正十二面体だが、くるまれている紙のコーティングがCore i9-9900KS(左)のほうだわずかにてかっている

角度を変えるとよりてかっているのがわかるかと思う。非常にわずかな違いでライティングによっては気付かないほど

内箱も外箱と同様、Core i9-9900K(右)とほぼ同じ。異なるのはCore i9ロゴの下に「SPECIAL EDITION」とあるぐらいだ

CPUを取り出してまたCore i9-9900K(右)と並べてみた。刻印以外の違いはない

裏側。どちらがどちらだかわからないほど違いなし

ちなみに、最も違いがあったのは意外にも外箱を包む巾着だった。Core i9-9900K(左)の袋と比べて、Core i9-9900KS(右)の袋はメッシュ素材になっており、「intel」ロゴも入っている

 さて、ベンチマークだが検証期間の都合上、本稿ではCINEBENCH R20の結果だけお伝えすることをお詫びしたい。詳細な検証はのちほどお届けする予定だ。

CINEBENCH R20の結果

 結果から言えば、Core i9-9900KSは順当に性能がアップしており、Core i9-9900Kに対してマルチスレッドで約5%増となった。それにより、競合のRyzen 7 3800Xをちょい超えできる性能であることがわかった。

CPU-Zで動作を確認すると確かに全コア5GHz動作だった

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中