このページの本文へ

各プラットフォームのアプリに対応することでさらに利便性を向上

ドローン活用のリアルタイム映像共有サービス「SENSYN DC」iOS・Androidアプリ提供開始

2019年05月08日 17時30分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センシンロボティクスは5月7日、ドローンを使ったリアルタイム映像共有サービス「SENSYN DC」(センシン ドローンコミュニケーションサービス)のiOS/Android/macOSアプリを提供開始したと発表。

 これまでWindows版サービスを提供してきたが、各プラットフォームのアプリに対応することでさらに利便性を向上させたとしている。動作環境は、iOS 9.0以降、Android 5.0以降、macOS 10.12以降。

 SENSYN DCは、ドローンで撮影している映像を、遠隔かつ複数の拠点でリアルタイムに共有しながらコミュニケーションを取ることができるサービス。災害発生時や設備点検などの際、現場に赴くことなく、リアルタイムに現場の様子を確認できるため、即時の状況把握、意思決定を可能としている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ