このページの本文へ

ブロックチェーン人材育成を目的としたハッカソン「Decrypt Tokyo」、6/8~6/9の2日間で開催決定!メンターには、国内外有数のブロックチェーンエンジニアも参戦

2019年04月26日 16時33分更新

文● クォントスタンプジャパン合同会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クォントスタンプジャパン合同会社
学生を含む、各業界で活躍されているエンジニアの皆さんを対象とした、ブロックチェーンハッカソン

ブロックチェーンやスマートコントラクトにおける、ハッキングの脆弱性・安全性を担保するセキュリティー監査企業Quantstamp Inc. (本社:アメリカ・サンフランシスコ州、共同創業者・最高経営責任者:リチャード・マ) の日本法人クォントスタンプ・ジャパン合同会社(東京都渋谷区、職務執行者:小田啓)は、ブロックチェーン技術の初中級者を主に対象とした2日間にわたるブロックチェーンハッカソン「Decrypt Tokyo」を2019年6月8日、9日に開催します。 **運営委員会にはブロックチェーンコワーキングスペースを運営するHashHubまたNeutrino、日本初の技術にフォーカスした国際ブロックチェーンカンファレンスNodeTokyoにもご参画頂いています。** 【 Decrypt Tokyo 2019 ブロックチェーンハッカソン申し込み先: https://forms.gle/cRVamo1UPY7jESaH7 】





【ブロックチェーンハッカソン、Decrypt Tokyoについて】
今回のハッカソンではブロックチェーンの初中級者を中心に、2日間にわたって本格的なブロックチェーンアプリケーションの企画立案から、開発に挑戦して頂きます。
もちろん、ブロックチェーン業界にて既にご活躍されているエキスパート開発者の方も奮ってご参加ください。


期間中は、実際の事業にてブロックチェーンアプリケーションの開発をされている方をゲストとしてお呼びし、参加者のメンターとしてご参加いただきます。そのため、短期間にて深くブロックチェーンに関わる開発知識を深める環境となっています。(メンターの方に関しては、随時公式Twitter等にて発信させて頂きます。)

また、ハッカソンでは賞金総額75万円*を予定しております。
(*変更の可能性あり)
今後のアップデートなどは、随時公式Twitter(@DecryptTokyo)を通して発信してまいりますので、フォローいただけると幸いです。

【Decrypt Tokyo開催に至った経緯と想い】
Decrypt Tokyoは、ブロックチェーン技術・アプリケーションの実用化を促進、またブロックチェーン開発コミュニティーの根本的な盛り上げを目標に開催する運びとなりました。

"ブロックチェーン開発"と聞くと、他分野で活躍するエンジニアでさえ抵抗感を抱いてしまう領域、そういった印象がどうしても強い現状です。その中で、肌感覚ではあるものの、時が経つごとに、ブロックチェーンに関わる人材が減り続けている、そんな危惧を私たちは抱いていました。

そのため、今回のハッカソンではあえて学生や他業界で活躍しているエンジニアの中でも、知識的な「ブロックチェーン初中級者」を中心に募集をさせていただいています。(繰り返しになりますが、ブロックチェーンエキスパートの方の参加も楽しみにしております。)

Decrypt Tokyoでは、同領域で活躍する開発者からの初歩から応用までの包括的なメンタリング、また実際にブロックチェーン事業を運営されている方からの具体的な技術や活用事例等について講演を行い、理解を深めていきます。

より多くの人がDecrypt Tokyoを機にブロックチェーンと関わる、そんな「きっかけ」となっていければ幸いです!

【スポンサー企業様一覧 (順不同)】




・Omise Japan株式会社
・株式会社Datachain
・株式会社Speee
・Curvegrid株式会社
・株式会社メタップス
・株式会社Sun Asterisk
・TechFUL (444株式会社)
・日本マイクロソフト株式会社
・株式会社LayerX
・株式会社モバイルファクトリー
・株式会社Kyuzan
・株式会社リクルート



【Decrypto Tokyo ブロックチェーンハッカソン参加者 募集要項】
イベント名 :Decrypt Tokyo(https://www.decrypt.tokyo
内容      : ブロックチェーン技術を用いた、新サービス企画・アプリケーション開発
お問い合わせ先 : contact@decrypt.tokyo
公式Twitter  :@DecryptTokyo (https://twitter.com/DecryptTokyo
開催期間 :2019年6月8日(土)~ 6月9日(日)
開催会場 : Speee Lounge 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階
募集人数   : 100名程度
応募条件   : アプリケーション開発やプログラミング経験のある方(ブロックチェーンに関する知識・技術を知らなくても問題ありません。)
応募方法 : こちらのフォームより応募頂けます。(https://forms.gle/cRVamo1UPY7jESaH7
参加費    : 無料。また、ハッカソン開催中の食事は運営により提供させて頂きます。(会場までの交通費、期間中の滞在費は参加者各自のご負担となります。)
運営委員会   : クォントスタンプジャパン合同会社,HashHub, Neutrino, Node Tokyo
事務局 :クォントスタンプジャパン合同会社

【Quantstamp・クォントスタンプジャパン合同会社について】
Yコンビネーターからの支援も受けているクォントスタンプは、コンピューターを活用した推論ツールを使用し、大規模のブロックチェーンやスマートコントラクトを担保するサービスを提供しています。クォントスタンプのメンバーはソフトウェアセキュリティ、フォーマル検証、静的解析に精通しており、900以上もの博士論文に引用されています。

ブロックチェーンのセキュリティをより拡充するため、クォントスタンプは開発者やプロジェクトに参画している人たちが容易にセキュリティ監査を行うことを可能とする新しいプロトコールの開発を進めています。

これまでにクォントスタンプは独自のソフトウェアや機密情報監査サービスを通じて、5億米ドル以上のスマートコントラクトにおける取引額を担保しており、2018年夏にはプロサッカー選手 本田圭佑氏の手がける個人ファンド「KSK Angel Fund」、「TransLink Capital」、「野村ホールディングス株式会社」及び「株式会社DGインキュベーション」からの資金調達に成功しています。

会社名 : クォントスタンプジャパン合同会社
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町12-10住友不動産渋谷インフォスアネックス1階
設立 : 2018年12月
代表者 : 小田 啓
事業概要 : ブロックチェーンアプリケーションにおけるセキュリティー監査
ウェブサイト : https://info.quantstamp.com/jp
Medium : https://medium.com/quantstamp-apac, https://medium.com/@QuantstampInfo
Twitter : @quantstampjapan

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ