このページの本文へ

生き物の位置がわかる「マップ」や生き物の情報を共有する「SNS」機能を搭載

国内6万3635種の生き物の名前をAIが判定するアプリ「Biome」

2019年04月26日 18時20分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バイオームは4月26日、生き物コレクションアプリ「BIOME」(バイオーム)をリリースした。

 スマホカメラでいきものを撮影するだけで名前を判定可能。BIOMEのAI技術が、撮影場所や時期、画像に写った生物の形状をもとに、日本国内のおよそ全種となる6万3635種の動植物のデータのなかから確度の高い種の候補を瞬時に表示するという。

 生物の位置を知ることができる「マップ」、生物の情報を共有する「SNS」、生物をみんなで見つける「クエスト」といったさまざまな機能を搭載。現実世界の生物をもっと身近に感じる手助けをするとしている。

 対応OSはiOS/Android。価格は無料。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ