このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第88回

Azure Stack HCIソリューションを発表

データ内の異常なパターンを検知するAI API「Anomaly Detector」が登場

2019年04月18日 11時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Azure API Management:3月22日のアップデート

 Azure API Managementは、既存のAPIに対するAPIゲートウェイのサービスです。

 2月14日のアップデートに続いて、Azure API Managementの3月22日のアップデートがリリースされました。

 このリリースでは、これまでの製品レベルに加えて、APIレベル、API操作レベルでrate-limitポリシーを使用できるようになりました。

Azure Cognitive Services:Anomaly Detector、Custom Vision、Video Indexer

 Azure Cognitive Servicesは、画像認識、音声認識、自然言語処理といった、AIを活用したAPIサービスです。

 Azure Cognitive Servicesで、新しいサービス「Anomaly Detector」が発表され、プレビューが始まりました。

 Anomaly Detectorを使うと、データ内の異常なパターンや極めてまれなイベントを検出することができます。

Anomaly Detectorによる異常検出

 Azure Cognitive Servicesの1サービスである「Custom Vision」は、カスタムの画像分類モデルを構築するサービスです。

 2017年5月のBuild 2017カンファレンスで発表されプレビューになっていたCustom Visionが、GAになりました。また、次の新機能が追加されました。

  • 高度なトレーニング:新しい機械学習バックエンドによって、特に高度な処理が必要になるデータセットや詳細に設定された分類でのパフォーマンスを高める、高度なトレーニングが搭載されました。高度なトレーニングによって、コンピューティング時間予算を指定することができます。
  • REST API/SDK 3.0:新しい3.0では、エンドツーエンドのパイプラインがモデルの反復改善をサポートするように設計されています。
  • エクスポート:Raspberry Pi 3、Vision AI Developer Kitがサポートされました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 Azure Cognitive Servicesの1サービスである「Video Indexer」は、ビデオに対して、書き起こし、顔認識、文字認識、主要フレーム抽出、感情分析、翻訳といった機能を提供するサービスです。

 Video Indexerでは、約100万人の著名人を識別できることに加えて、アカウントレベルでカスタム人物モデルをトレーニングすることで、特定の組織に関連する一般の人物を識別できます。

 今回、カスタム人物モデルの機能が強化されました。

  • 複数の大規模なモデルに対応:アカウントあたり最大50個の人物モデル、モデルあたり最大100万人の人物をサポート。
  • カスタム人物モデルの管理一元化:Video Indexerポータルの「Content model customization」セクションに新しい「People」タブを導入。
  • 画像からの人物モデルのトレーニング:ビデオからのトレーニングに加えて、画像からのトレーニングをサポート(プレビュー)。
  • 重複した名前のサポート:複数の人物を同じ名前で追加し、それぞれの人物を別の人物として識別可能に。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Video Indexerでの画像からの人物モデルのトレーニング

 Video Indexerが、ISO 27001、ISO 27018、SOC 1/2/3、HIPAA、FedRAMP、HITRUST、PCIの認定を取得しました。

Azure Search:Storage Optimizedサービスレベル

 Azure Searchは、フルテキスト検索サービスです。

 Azure Searchで、既存のFree、Basic、Standard S1/S2/S3サービスレベルに加えて、新しいStorage Optimized L1、Storage Optimized L2サービスレベルがプレビューになりました。

 Storage Optimizedサービスレベルは、Standardサービスレベルよりも1TBあたりのコストを削減し、容量を大幅に増やしたストレージを提供します。

Azure SQL Database:読み取りスケールアウト、SQL Server Management Studio

 Azure SQL Databaseは、SQL Serverベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 2018年4月にパブリックプレビューになっていたAzure SQL Databaseの「読み取りスケールアウト」機能が、GAになりました。

 読み取りスケールアウトでは、クライアントからの読み取り専用接続を、自動プロビジョニングされたHAレプリカにリダイレクトすることで、追加料金なしでデータベースのコンピューティング能力を効果的に倍増させることができます。

Azure SQL Databaseの読み取りスケールアウト

 SQL Server Management Studio(SSMS)は、SQL Server、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouse向けのデータベース開発、運用のための、Windowsで動作するツールです。

 3月にリリースされていたパブリックプレビュー7に続いて、SQL Server Management Studio 18.0のリリース候補1(RC1)がリリースされました。

Azure SQL Data Warehouse:データの検出と分類

 Azure SQL Data Warehouseは、SQL Serverベースのデータウェアハウス(DWH)サービスです。

 Azure SQL Data Warehouseで、「データの検出と分類」機能がパブリックプレビューになりました。

Azure SQL Data Warehouseの「データの検出と分類」

この連載の記事