このページの本文へ

魅惑のXperia周辺機器 第150回

ワンボタンでGoogleアシスタントを呼び出せるネックスピーカー:Xperia周辺機器

2019年04月07日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

使わないときは収納せずに
首からぶら下げておけるのが便利

 ハウジング外側にはマグネットが埋め込まれており、イヤフォンのドライバー同士がピタっとくっついて、使わないときにバラバラにならないようまとまります。音楽を聴かない時にはそのまま首からぶら下げておけるのが、ネックバンドタイプの便利なところです。

 イヤフォン部分には口径6mmのドライバーユニットがあります。また、ハウジングの外側にあるマイクセンサーから周囲の騒音を分析して3つのノイズキャンセリングモードの中からその場に適したモードを自動で選択してくれる「AIノイズキャンセリング」に対応。周囲の騒音を打ち消して、音楽に集中できます。

 イヤーピースは、全部で4種類のサイズ違いのものが付属。自分の耳のサイズに合わせてSS/S/M/Lから選択できます。

 Bluetooth接続は、NFCを搭載したXperiaとタッチすればかんたんにペアリングできます。Bluetoothのコーデックは、SBC、AAC、aptXに対応。LDACやaptX HDといったハイレゾクラスの高音質転送はできないものの、Android端末ではSBC止まりではなくaptXがオススメです。また、圧縮音源で失われがちな高音域を補完する「DSEE」により、聴き疲れしにくい自然な音を楽しめます。

 ワイヤレス接続時のバッテリー駆動時間は、公称値でノイズキャンセリング有効時で最大約6.5時間、無効時で最大7.5時間の連続音楽再生が可能です。連続通話も公称値でノイズキャンセリング有効時で最大約7.5時間、無効時で最大8.5時間。このあたりは、左右独立型よりもバッテリーの保ちの良さが光ります。フタを開けてUSB Type-Cに接続すると、約2.5時間でフル充電となります。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン