このページの本文へ

神戸市内のダイエー13店舗で導入

ポイントカードデータで栄養が分かるスマホアプリ「SIRU+」

2019年04月01日 18時05分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シルタスは3月29日より、ポイントカードデータを栄養に変えるスマホアプリ「SIRU+(シルタス)」を提供開始した。神戸市内のダイエー13店舗で利用できる。

 スーパーマーケットなどのポイントカードを登録することで購買履歴を自動的に取り込み、栄養データに変換して最適な食事を提案する。ポイントカードを連携して買い物をするだけなので記録を付ける手間がなく栄養バランスを知ることができる。

使い方

 使い方は、家族構成などのプロフィール情報やポイントカードを登録。購買履歴が自動的にスマホに取り込まれ、購買履歴から日頃の栄養バランスが分かり、不足している栄養を補うお勧めの食材やレシピが提示される。

 神戸市内のダイエー13店舗にて実施、WAON POINTカードを提示して購買したものがデータとなる。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ