このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース第12回

46gの軽量で電子ペーパー搭載の多機能スマートウォッチ「GLIGO」

2019年03月08日 09時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートウォッチ「GLIGO」が通販サイト「F・L・B FASHION」にて販売中だ。価格は2万2000円(税込)。

 本機はアナログ時計とスマートウォッチの良いとこ取りをしたような商品。

 アナログ時計のクォーツは電池駆動となる。連続使用時間は2年。一方、ウォッチフェイスには電子ペーパーを採用し、電力の消費量が少ないことも特徴。一回の充電で30日間使える。

 つまり、ディスプレーの電池が切れても、アナログ時計としての役割は果たせるということだ。

 充電コネクターはマグネット式を採用しており、ケーブルを抜き差しする手間が省ける。

 文字盤は数種類が用意されており、本体右下のボタンで好みに応じて変更できる。物理的なアナログ時計と合わせてデジタル時計を表示させることも可能だ。

 本機は、スマートウォッチなので、スマホアプリと連携させることも可能。電話の着信、LINE、Facebook、Skypeなどの通知を受け取れる。着信や通知がくると、本体が振動する。

 この他にも、健康面の機能が充実している。具体的には、歩数カウント、消費カロリー、心拍測定などの機能を搭載している。

 ミニマルでシンプルなデザインも特徴的だ。カラーはブラックとシルバーの2色。ベルトは3種類あり、交換可能だ。

 Bluetoothは4.2をサポートする。本体の重さは46gで、30メートルの生活防水にも対応する。

筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン