このページの本文へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第169回

Jabra完全ワイヤレスイヤフォンは通話や音声アシスタントも守備範囲です

2019年03月10日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音切れはないし遅れも少ないけど音ゲーは厳しいかも

 Bluetooth接続ということで音の途切れが気になるところですが、前回お伝えしたとおりほぼないといってもいいと思います。音の遅れについては動画再生時にわずかにズレを感じることもあるけど全然わからないこともあり、視聴に支障はありません。

 ただ、タイミングが重要な音ゲーは無理かなぁ。デレステでいえば丸半分ズレてる感じで『お願い!シンデレラ』のDEBUT、スピード2でさえMISSの連続でLIVE失敗になる始末。手元っていうか指元を見ていればタイミングは取れますけど、それはもう音ゲーじゃないですし。かといって付属のLightningイヤフォンだと指が当たっちゃうという別のデメリットが。

Lightningイヤフォンは横位置で持つと端子が邪魔

 左右の接続はノイズに強いNFMIを採用していて音切れも遅延もありません。このNFMIは到達距離が短いという弱点があるのですが、うまく利用しているのか、片方のユニットを外して少し離すと音楽再生が一時停止するようになっています。

 1分以内なら外したユニットを耳に入れ直せば自動的に再開されるため、ちょっとした会話が必要なときなどには超便利な機能です。1分過ぎるとスリープ状態になるので、右耳ユニットのボタンを押すと再開します。

 また、右耳のユニットだけで音楽を聴いたり、通話のヘッドセットとして使ったりすることも可能です。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ