このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース第11回

4K対応のモバイルディスプレーがCAMPFIREで支援募集中

2019年03月06日 12時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中国・深センのUnickが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で、15.6型のモバイル液晶ディスプレー「TAIHE Gemini」の出資を募集している。

 目標金額は550万円で、募集期間は4月30日まで。

 解像度の異なる4K対応モデルとフルHD対応モデルの2機種が用意される。解像度が1920×1080ドットの「TAIHE Gemini FHD」と、3840×2160の「TAIHE Gemini UHD」。最小出資額はTAIHE Gemini FHDが限定50台で4万2000円、TAIHE Gemini UHDは限定100台で2万9900円、いずれも送料込みの価格で、発送は2019年6月を予定している。

 搭載されるディスプレーパネル以外の仕様は共通で、355(幅)×226(奥行き)×10(厚さ、Gemini FHDは8mm)mm、重量約907gのボディーに5000mAhのバッテリーを内蔵する。バッテリー駆動時間は5時間。

 本体背面には「Surface」のようにキックスタンドを備え、角度の調節が可能。

 また、解像度のほかに、インターフェースが異なる。

TAIHE Gemini FHD:HDMIx2、USB Type-C、USB 3.0×2
TAIHE Gemini UHD:USB 3.0×2、USB Type-C、Mini DP、HDMI

 本体色はソリッドブラック、ミッドナイトブルー、スペースグレー、ローズゴールドの4種類から選択できる。パッケージにはリモコンと充電器、3本のケーブル(HDMI、Type-C-Type-C、USB Type-C)が付属する。


※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。

筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン