このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第248回

Ryzen Threadripper 2990WXとエキシビジョンマッチ開催

Xeon W-3175X徹底検証!クリエイター向けIntel最強28コアCPUは32コアに勝つ?

2019年02月20日 14時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RAW現像ではThrearipper 2990WXの2倍高速

 少々趣向を変えてRAW現像系アプリも試してみよう。「Lightroom Classic CC」を利用し、200枚のNEF形式の画像(6000×4000ドット)を読み込んだ状態から、全画像に1:1プレビューを作成する時間と、それをそのまま最高画質のJPEG画像に書き出す時間を計測する。書き出し時にはスクリーン用のシャープネス処理を追加した。

「Lightroom Classic CC」における200枚のRAW画像処理時間。

 プレビュー作成でもJPEG書き出し+シャープネス処理でも、処理のマルチスレッド化が進んでいるが、コア数の少ないXeon W-3175Xが圧勝した。合計時間で言えば、ちょうど2倍高速で、写真編集におけるプロの現場でも活躍できることを証明した。

 ここでの差はCPUアーキテクチャーの差、もっと言えば構造的な差が根本にある。Threadripper 2990WXのMCMソリューションは画期的だが、次世代のZen 2へ移行するまでは、Xeon W-3175Xのようなモノリシックダイなソリューションのほうが有利なのだろう。

ゲーム制作における用途でも強いXeon W-3175X

 最後に、さらにひと味違った用途、「ゲーム制作におけるCPUパワー」を考えてみよう。ここで利用するのは「Unreal Engine 4」である。無料で利用できる「Infiltrator」のビルド時間を計測する。リアルタイム表示はオフとし、ライティングの品質を“プロダクション”とした。ログファイルを分析して開始時と終了時のタイムスタンプから経過時間を算出している。

「Unreal Engine 4」でInfiltratorをビルドする時間。

 これもCPUのコアを使い切るような強烈な負荷がかかるが、Xeon W-3175XはThreadripper 2990WXの2.5倍近いスピードで処理を終える。CPUのコスト云々は別として、現段階ではXeon W-3175XのようなモノリシックなデザインのCPUは安定して強いことがわかった。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中