このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第248回

Ryzen Threadripper 2990WXとエキシビジョンマッチ開催

Xeon W-3175X徹底検証!クリエイター向けIntel最強28コアCPUは32コアに勝つ?

2019年02月20日 14時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メニーコアモンスターThreadripper 2990WXと対決

 前置きはこの程度にして、検証環境の紹介に入ろう。検証マシンはセットアップされた通りの状態で使用した。ただし、OSに日本語パックを入れている。比較CPUは少々悩んだが、Threadripper 2990WXとした。各CPUは定格状態での性能を比較する。また、Threadripper 2990WXのコンピュートダイにタスクが割り振られるとパフォーマンスが上がらなくなる問題に対処するため、Ryzen Masterを導入し、Dynamic Local Modeを有効にしている。

 いつもなら電源ユニットやストレージを極力共通化して検証するところだが、今回はテストマシンが超大型でパーツの取り外しに大変な手間がかかるため、Threadripperマシンと共通部分はOSとビデオカード(GeForce GTX 1080)のみにとどめた。CPUの価格帯もほぼ2倍近く違うため、今回の対決はインテル対AMDのHEDT向けCPU頂上決戦という名のエキシビジョンマッチと考えて頂きたい。

「CPU-Z」でXeon W-3175Xの情報を拾ってみた。右下のコア数&スレッド数に注目してほしい。また、コードネームはSkylake-SPと表示された。

同じくCPU-Zのメモリータブ。6chメモリーのDDR4-2666であることが確認できた。

こちらはキャッシュまわりの情報。

タスクマネージャー上の表示。56スレッドだとCPU占有率がグラフ表示のままなので負荷をかけるとグラフが上下して非常に心躍るものがある。

Xeon W-3175Xの検証環境
CPU Intel「Xeon W-3175X」(28C/56T、3.1~4.3GHz)
CPUクーラー Asetek「690LX-PN」(簡易水冷、360mmラジエーター)
マザーボード GIGABYTE「A1X-C621」(Intel C621)
メモリー Samsung「M393A1G40EB2-CTD」(DDR4-2666、8GB×6、RDIMM)
グラフィックス GIGABYTE「GV-N1080TTOC-8GD」(GeForce GTX 1080)
ストレージ Intel「Optane SSD 905P SSDPE21D480GAX1」(U.2 NVMe、480GB SSD)
電源ユニット EVGA「SuperNOVA 1600 T2 220-T2-1600-X1 Titanium」(1600W、80 PLUS TITANIUM)
PCケース Anidees「AI CRYSTAL XL AR」(HPTX)
OS Microsoft「Windows 10 Pro 64bit版」(October 2018 Update適用)
Ryzen Threadripper 2990WXの検証環境
CPU AMD「Ryzen Threadripper 2990WX」(32C/64T、3~4.2GHz)
CPUクーラー Enermax「ELC-LTTR240-TBP」(簡易水冷、240mmラジエーター)
マザーボード ASUS「ROG ZENITH EXTREME」(AMD X399、BIOS 1601)
メモリー G.Skill「F4-3200C14D-16GFX」×2(DDR4-2933、8GB×4)
グラフィックス GIGABYTE「GV-N1080TTOC-8GD」(GeForce GTX 1080)
ストレージ Western Digital「WD Black NVMe WDS100T2X0C」(M.2 NVMe、1TB SSD)
電源ユニット SilverStone「SST-ST85F-PT」(850W、80 PLUS PLATINUM)
OS Microsoft「Windows 10 Pro 64bit版」(October 2018 Update適用)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中