このページの本文へ

ローカルデータを無意味化してPC盗難によるデータ漏えいを防止

オフラインでも安全なPC利用を可能「ZENMU for PC」、バージョン5.0にアップデート

2019年02月15日 16時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZenmuTechは1月21日、データの無意味化によるオープン・セキュリティー・インフラストラクチャー「ZENMU」のWindows版ソフトウェア「ZENMU for PC」の最新バージョン5.0を発売した。

 ZENMU for PCはPC上のデータを無意味化し、一片を別の媒体に保存。PCの盗難や紛失による情報漏えいを防ぐソフトウェア。 最新となるバージョン5.0では秘密分散アルゴリズムを刷新。仮想ドライブへのアクセス速度を向上しているほか、安全性をそのままに外部ストレージへの分散片の大きさを2KBから半分の1KBとしている。

 分散片はUSBメモリーやBluetooth接続のスマホ、社内の共有サーバーなどに保管できるが、データサイズを小さくすることでデータトラフィックを軽減できる。また、さらに今後は分散片を新たな無線通信やウェアラブルデバイスなどへ保存するといった利用も期待しているという。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ