このページの本文へ

IoT用仮想デバイスを作成するmockmockの位置ジェネレーターが正式版に

2019年02月04日 17時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Fusicは2月1日から、IoTテスト用仮想デバイス作成サービス「mockmock」の位置ジェネレーターを正式版に変更した。

 クラウド上に仮想デバイス(mock)を作成し、ユーザーが開発するサーバーに疑似データを送信。提供する仮想デバイスは、瞬時に動作や台数を変更できるので、欲しいデータを好きなタイミングと量で受け取れる。サーバーアプリケーションの動作確認や負荷検証が実デバイスなしで手軽に実施できる。IoT開発でのPoC(概念実証)の迅速化、開発効率の向上や不具合の減少、安定運用が見込めるとしている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ