前へ 1 2 3 次へ

4Kパネル狭額縁は、VAIO Zに対する回答でもある

14型で999gの新VAIO SX14は、見えない部分のこだわりがスゴイ

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは1月17日、14.0型ディスプレー採用で狭額縁のモバイルノート「VAIO SX14」(個人向け)と「VAIO Pro PK」(法人向け)を発表した。本日から受注を開始。出荷は最速で1月25日。

基本モデルのカラバリは3色

 外観上はそれほど変わらない印象を受けるかもしれないが、内容的には盛りだくさんで、開発者の意気込みを感じさせる製品だ。

サイズは変えず軽量化、狭額縁化し4Kモデルも用意

 VAIO SX14は、既存の13.3型モデル「VAIO S13」とフットプリントは同等でありながら、画面サイズを約11%大型化したモデルとなる。大画面化に伴い、4K解像度のモデルも用意する。幅12.57mmから4.95mmに狭額縁化した。堅牢性を損なわず、かつ重量も増やさないよう、カーボン板を使用した新天板を採用した。

UDカーボン

 4Kパネル搭載による作業領域の拡大は、VAIO Zユーザーに対する回答でもあるという。WQHDパネルを等倍表示で使っている人ではFHDでは満足できないという考えから搭載した。狭ベゼルに加え、下辺ベゼルレスデザインとし、キーボードと画面の間の視線移動も最低限に抑えつつ、より作業に没頭しやすい形にした。

 また、キーボードに関しては、日本語JIS、US配列に加え、ALL BLACK EDITIONに無刻印モデルも用意した。無刻印ながら日本語と英語の両方の配列が選べる。またキーボードカスタマイズ機能も豊富で、キー割り当て設定やファンクションキー追加、Fn Lock機能など個人だけでなく、企業のニーズにも合ったカスタマイズができる。

VAIOロゴがゴールドになっている。

手前(左)が従来モデル、奥(右)が新モデル。

 色に関してはブラウン、シルバー、ブラックに加え、ALL BLACK EDITIONを引き続き用意する。ブラウンモデルでは、オーナメントとVAIOロゴをゴールドに変え、より雰囲気があるデザインとした。ALL BLACK EDITIONに無刻印キーボードを選べば、文字通り真っ黒なVAIOが誕生する。

左が無刻印キーボードを採用したもの。

 従来機の天板はマグネシウム合金製で、強度を保つため、額縁部分にリブを入れて補強していた。しかし、SX14ではそのスペースが確保できない。そこで東レと共同開発した「UDカーボンウォール」(UDは“Uni Directional”=単一方向性の略)を新たに使い、面で強度を確保する構造とした。マグネシウム合金を使用した場合に比べ、30%軽量にできるという。過去にもUDカーボンを使用した機種はあったが、SX14では新しいものとなり、たわみがより少なくなっている。

 結果、SX14(14.0型)では大画面化したにも関わらず、本体を軽量にできた。本体重量はS13(13.3型)の約1.06㎏に対して、Core i5/i3、FHD(1920×1080ドット)、LTEなしの最軽量構成で約999gとなる。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月