4Kパネル狭額縁は、VAIO Zに対する回答でもある

14型で999gの新VAIO SX14は、見えない部分のこだわりがスゴイ

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4Kパネルの表示は非常に高精細だ

 さらにこだわりを感じさせるのがアンテナ位置だ。狭額縁を採用したPCの多くでは、Wi-Fiなどのアンテナをキーボード側に備えている場合が多いが、VAIO SX14では電波をとらえやすい上部に設置している。事務机では金属製のものも多く、電波が反射するなどして特性が狂いやすい。こうしたノイズ源から極力距離を取るという真面目なアプローチを継続した。

リブの構造と配線に注目。右がVAIO SX14。

 とはいえ、配線やアンテナ面積といった課題があるが、ここは細径アンテナケーブルを液晶パネルの裏側に通す構造にしたり、アンテナパーツを立体化して特性を上げるといった形で解決している。基本的なレイアウトは同じであるものの、従来モデルと比べて細部が異なっている。LTE用のアンテナは幅が周波数、高さが感度に影響する部分だという。

 また、特にLTEモジュールはノイズ(電磁波)の影響を受けやすいため、CPUや電源まわりをシールドしている。しかしそれでは熱がこもってしまうため、サーマルモジュールのヒートパイプを使って外に引き出しているほか、天面だけでなく側面にも通気口を空けて放熱しやすくした。

左がVAIO SX14、右がVAIO S13のシールド。

 LTEモジュールは、VAIO A12同様、3キャリア対応で、2.5GHz帯のBand 41にも対応。感度を上げている。

訂正とお詫び:Band 41の周波数の記載を正しいものに修正しました。(1月21日)

 熱対策に関しては、ビス止めのサーマルバットの処理の仕方にも工夫。ここが熱源に触れてしまうと、ヒートスポットになってしまうため、位置をずらしている。発熱が高いCore i7モデルについては、ヒートシンク素材を熱伝導率が高い銅に変えている(下位モデルは軽量性を重視するためアルミ製)。ファンで吸って排気口から外に吐き出すが、空気の流れを整える構造も入れたそうだ。

下から見るとネジを止める位置が異なっている

スペックによって銅製またはアルミ製のヒートシンクを使う。

 パフォーマンス面では、昨年のVAIO S11/S13に引き続き「VAIO True Performance」に対応する。CPUはWhiskey Lakeこと、Core i7-8565Uなど最新世代に変更となった。VAIOの検証では、VAIO S13の8550Uから8565Uへの変更によりCPUパフォーマンスは115%に向上。さらにVAIO TruePerformanceの利用により、CINEBENCH R15.0.3.8で約25%の性能改善が得られる。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月