このページの本文へ

VAIO 5周年記念発表会

VAIO、自社開発ロボット事業に参入へ、発売は2019年内を目指す

2019年07月09日 14時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは7月9日、設立5周年を記念した新製品発表会を開催。既報の通り、12型で800g台の新製品「VAIO SX12」「VAIO Pro PJ」や、VAIO設立5周年を記念した「勝色特別仕様」の数量限定2モデルを発表した。

VAIO SX12
勝色特別仕様のVAIO

 また、初の自社ロボットを“ロボット汎用プラットフォーム”活用第一弾として開発。 「Simple」ハードウェアを用いて「おはなしコウペンちゃん(仮称)」として製品化を決定した。2019年内の発売を目指す。

 1月に発表された「ロボット汎用プラットフォーム」は、コミュニケーションロボット開発を効率的に実現するためのオールインワンプラットフォームで、同プラットフォームの「Simple」を活用した初めての事例とのこと。実機は10月に開催する「CEATEC JAPAN 2019」で出展予定。詳細もそのタイミングで発表する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン