このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第43回

仕事の生産性を高めるためにOffice 365を選ぶ

Office 365+VAIOで働き方改革を推し進めてみよう

2019年04月08日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Office 365にすべき理由

 1月に「Office 2016」以来、約2年半ぶりのメジャーアップデート版となる「Office 2019」が発売された。Officeは、約3年ごとにメジャーアップデートされてきたが、昔のようにパッケージ販売ではなく、ダウンロード提供が基本になっている。店頭でも販売されているが、ライセンスカードを購入するだけで、アプリ自体はネットからダウンロードすることになる。

 これに対して、2011年からサービスを開始しているクラウドサービス「Office 365」は、いつでもどこでも働ける環境を提供すべくデスクトップアプリだけでなく、スマホやタブレット、ウェブブラウザー上でも利用できるようにした。さらに、OneDriveは1TB利用可能で、チームでファイルを共有したり、共同作業したりすることが容易だ。

 また、常に最新機能が提供されているのも特徴の1つ。Office 2016が登場した以降、320以上もの機能が追加されている。Office 2019では、そのうち一部を追加したものだ。時代の流れは早くなっており、求められる機能をすぐに提供できるOffice 365は、そのまま生産性につながるとマイクロソフトは主張する。

 Office 2019は永続ライセンスなため、購入すればサポートが終了するまでずっと使える。1ライセンス当たりインストールできるマシンは2台までだ。一方Office 365は月額利用制のサブスクリプション方式を採用。毎月利用料を支払うことで使えるものだ。1ライセンス当たりデスクトップ版もスマホ版、タブレット版それぞれ5台までインストールできる(利用するプランによって違う)。

↑Office 365とOffice 2019と大きく違うのが幅広いデバイスの対応とサブスクリプションで常に最新版になること

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ