このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES 2019レポート第5回

薄型ながらGeForce MX150搭載モバイルノートも

2019年もASUSのPCは攻めのデザイン! MAX-QのRTX搭載モデルも

2019年01月07日 20時45分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ASUS」がMedia Sneakpeekで新製品を発表、展示

 ASUSは1月6日(現地時間)にMedia Sneakpeekを実施し、新製品を発表した。スタンダードなクラムシェルノートから、一風変わったゲーミングノートパソコンまで、ASUSらしい多彩なラインアップが印象的だった。

薄型軽量モバイルでGeForce MX150搭載可能な
13.9型/14型ノートPCを発表

 まず紹介されたのは、クラムシェル型のノートパソコンの新製品で、13.9型の「ASUS ZenBook S13(UX392)」と14型の「ASUS ZenBook 14(UX 431)」。

「ASUS ZenBook S13(UX392)」

 ASUS ZenBook S13(UX392)は、およそ幅316×奥行195×高さ12.9mmで、重さは約1.1kg。狭額ベゼルの採用に加え、上部のカメラがディスプレー部からはみ出ている分、表示画面の割合が97%と大画面を実現したモデルだ。厚さ12.9mmと薄型ながら、GeForc MX150が選択可能。そのほか、Core i7-8565U、16GBメモリー、1TB SSD(M.2接続、PCle×4)と、ハイスペックな構成にできる。

狭額ベゼルを採用するほか、カメラ部がディスプレーからはみ出ている

 また、ディスプレーを開くと底面後部が浮く構造になっており、キーボードが傾き入力しやすくなっている。インターフェースは、左側にUSB 3.1(Type-C)端子×2、SDカードスロットを、右側にUSB 3.1端子、電源端子を配置している。

ディスプレーを開くと底面後部が浮く構造を採用
筐体左側
筐体右側

 ASUS ZenBook 14(UX 431)は、およそ幅323.5×奥行211.85×高さ15.9mmで、重さは約1.45kg。ASUS ZenBook S13(UX392)同様ディスプレーを開くと底面後部が浮く構造を採用。キーボードの両端に加え底面にもスピーカーを内蔵しており、底面後部に隙間を設けることでよりよい音質を実現しているという。また、底面の熱をより逃がしやすくもなっている。

「ASUS ZenBook 14(UX 431)」
こちらも狭額ベゼルとなっている
底面後部が浮く
キーボード両端にスピーカーを備える。なお、スピーカーはharman/kardon製
底面にもスピーカーがある

 こちらもGPUにGeForce MX150にできるほか、CPUはCore i7-8565Uも選択可能、メモリーは最大16GB、ストレージは最大1TB SSD(M.2/PCle×2)+SATA SSDを搭載できる。インターフェースは、USB 3.1端子(Type-C)端子、USB 3.1端子、USB 2.0端子、HDMI端子、オーディオ端子、SDカードスロットを備える。

筐体右側
筐体左側
片手で持てるサイズだ

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン