このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第448回

焼きそばは、セブンプレミアム中本初

セブンの蒙古タンメン中本「焼そば」どれくらい辛い? 食べてみた

2018年10月23日 18時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 辛党をうならせるラーメン店「蒙古タンメン中本」の味を楽しめる「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本シリーズ」から初の「焼そば」。コラボ10周年の節目に記念商品として登場しました。はたしてどれくらい辛いのでしょう。

中本の焼そば!! 本家にもない味

セブン&アイ・ホールディングス系列で順次発売中の「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨焼そば」。

「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨焼そば」
●価格:235円
●発売日:10月22日から順次
●販売店舗:セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、そごう・西武など

 蒙古タンメン中本の焼そば。何が衝撃かというと、もともとのラーメン店の中本に「焼そば」が存在しないこと。中本はタンメンを中心としたメニュー展開で「ラーメン」「冷やしタンメン」などはあっても焼そばはありません(もしかして一部の店舗であるのかなと検索しましたが、やはりないようでした)。確かにラーメン屋さんで焼きそばってあまりないですもんね。

内容量176g(内、麺130g)。カロリーは1食764kcal。

 そんな本家型破りの焼そばが即席麺として登場です。中本といったら辛いことで有名。いったい新製品「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨焼そば」はどれくらいのものでしょうか。

中本の焼そば 食べてみた

 作り方は一般的なカップ焼そばと同様。お湯を入れて待ち時間は5分。お湯を切ったら、同封の「粉末ソース」「液体ソース」を入れてよく混ぜ合わせます。

小袋は3つ。「粉末ソース」「液体ソース」。それと「特製マヨ」。

 独特なのは同封の「特製マヨ」。粉末と液体とソースを混ぜたあとにかけるようです。

お湯を入れて、待ち時間は5分。
「液体ソース」は容器の上にのせて温めます。「液体ソース」「特製マヨ」は「温めない」と書いてあるので注意。
お湯戻しが完了しました。麺が太い。
「液体ソース」をかけました。色が濃いめ。
続いて「粉末ソース」もかけましたよ。やっぱり色が濃いです。
混ぜたらこんな感じ。
仕上げに、特製マヨをかけました。

 できあがりました! 特製マヨがビビットなオレンジ色で驚きました。かっこよくトッピングしようと思ったけど、中途半端な感じになってしまった。

<ここまでの印象>
●麺が太かった
●作り方はふつうのカップ焼そばとほぼ同様
●粉末ソース、特製マヨを温めないように注意

辛さをチェック!

 なにやら香ばしい香りが漂ってきました。おいしそう!

香ばしいです。

 なお、私は重度とはいわないけれど、そこそこの辛党です。中本のお店に行ったら「五目蒙古タンメン」を頼みます。ですので、今回の製品もチリチリするほど辛いといいな。

辛党記者です。お腹が減ったー!

 では、いただきます!

 太麺をゾゾッとすすると、マヨのコク旨さと重なって唐辛子の辛さが。食べてすぐの印象はそこまで辛くはない……でしたが、食べれば食べるほど喉やお腹が熱くなってきて「ああ辛いな」と気が付かされました。辛さはやはり中本級!

喉やお腹が辛くなってきました。食べやすいけど、やっぱり辛い!

<辛さレベル>
●記者ジャッジ:★★★☆☆
――5点満点中3点
 辛さの中にもまろやかさがあるので、辛味はそれなりにあるけど食べやすい。例えば「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ラーメン」あたりよりはずっと辛さ控えめ。

ジャンキーな「辛旨」だった

 結論を言うと、辛旨で、麺と味付けのバランスよく、とても完成度が高いカップ焼そば。油っけがあるのでジャンキーな味で手が止まらず、これはなかなかいいですぞ。

 一番のポイントはなんといっても特製マヨ。実はマヨを加えない状態でも、それなりに辛くておいしい。でも、なにか足りない。マヨを足すことで、マヨならではのコクで味に奥深さが出てきます。なお、マヨにも辛さがあるようで、辛さもアップします。

 さらに、太麺であることが見事。弾力ある太麺がインパクトのある味付けを受け止めてくれます。また、太いので部分ごとに「カリカリ」した食感が残っていて、そこがまたアクセントになります。

具材もたっぷり。

 具材は、タンメンを意識してでしょうか。お肉、野菜と具だくさんです。これにも満足。

<食べ終わった後の印象>
●クセになるジャンキーな辛さ!
●極太麺が食べごたえあってよかった
●具材もたくさん入っていて満足感

 これまでのセブンプレミアムの中本の中でも一番「油っけ」を感じました。辛さは中本のカップ麺やスープよりはエッジがきいていないのですが、フライ麺やマヨと一緒になって入ってくる辛味はジャンキーでヤミツキに。

 これはオススメ。中本シリーズを好きな人はぜひ食べてみてください。



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧