このページの本文へ

集団訴訟における被害者の募集や弁護士探しをサポートする「enjin」

2018年05月21日 14時40分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ClassAction(クラスアクション)は5月21日、リーガルテックサービス「enjin(円陣)」のベータ版をリリースした。

 enjinは、被害者が集団訴訟のプロジェクトを立ち上げ、同様の被害に遭われた人を募集でき、一定数の被害者が集まった段階で、enjinに登録されている弁護士と弁護団を形成できる。形成後、弁護士主導で裁判内外での解決を目指していくサービス。

 同社はenjinを利用することで、事件化できる可能性を高められることや、加害者への抑止力となること、解決の可能性を高められることなどのメリットがあるとしている。

 今後、集団訴訟の進行を円滑にするようなシステムの提供や、被害を受けられた人の支援を厚くするために支援者による寄付機能も導入を予定しているとのこと。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ