このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第477回

冷暖どちらの飲み物も保温できる「デスクトップ冷熱カップ」を衝動買い

2018年04月18日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●編集部ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
古くなったUSB珈琲ウォーマーの置き換えに衝動買いした「デスクトップ冷熱カップ」。サイズが2倍以上になってしまうので、デスク上での置き場所が要検討事項のトップ項目に急浮上。冷熱両対応なので我慢すべきか、欲求を抑えてシンプルに徹するか
古くなったUSB珈琲ウォーマーの置き換えに衝動買いした「デスクトップ冷熱カップ」。サイズが2倍以上になってしまうので、デスク上での置き場所が要検討事項のトップ項目に急浮上。冷熱両対応なので我慢すべきか、欲求を抑えてシンプルに徹するか

 夏季を除いて、筆者の原稿書きのお供で一番活躍しているのは、過去何台も買い替えてる「USB珈琲ウォーマー」だ。

 特に冬の夜の貢献度は極めて大きく、時には家族の淹れてくれたゆず茶や、しょうが茶、ココアやホットレモネードなど、その対応範囲は極めて広く、長年国内外製の商品を壊れるまで愛用してきている。

 夏に向かう時期になって、そろそろUSB珈琲ウォーマーをワードローブの中に収納しようと考えていた時に、暖かくでも、冷たくでも、その飲み物の望ましい本来の美味しい温度に保つことのできる「デスクトップ冷熱カップ」という、わかりやすいがかなり野暮ったいネーミングの商品を見つけた。

意外と大きい「デスクトップ冷熱カップ」

クラウドファンディング時には「DESKTOP SMART CUPペルチェ」という名前で登場していた。スマートライフの一翼を狙うなんちゃってスマート家電の仲間だ
クラウドファンディング時には「DESKTOP SMART CUPペルチェ」という名前で登場していた。スマートライフの一翼を狙うなんちゃってスマート家電の仲間だ
取説以外の主要なパーツはこの3つ 同梱物はこれだけ。なんといっても黒い本体(手前)のデカサイズが目立つ。ACアダプターも大きく、専用のアルミカップが付属する
取説以外の主要なパーツはこの3つ同梱物はこれだけ。なんといっても黒い本体(手前)のデカサイズが目立つ。ACアダプターも大きく、専用のアルミカップが付属する

 パッケージが届いてみたら、どうも過去のクラウドファンディング系ではDESKTOP SMART CUP「PALTIER」(ペルチェ)という、冷却効果の名称を冠したシャレた名前がついているようだった。

 昨今は日本国内はもとより世界中で「スマート家電」が合言葉のようで、ほんの少しでもインテリジェンスの高い操作ができる家電製品は、いずれも必ずアタマに“スマート”が付くのがお約束だ。

 あくまでスマートを前面に押し出したデスクトップ冷熱カップ は「Smart cup」と「Switching power supply」そしてカップの台座となる「Smart warmer & cooler」の3点から構成される。

 どうも主役は商品名からしてカップであるらしいが、本記事ではカップは単にカップとして便宜上、Smart warmer & coolerを本体と表現することにする。

 実際にパッケージから取り出してみると、実測437gの大きな本体サイズ。従来のUSB珈琲ウォーマーと比較すると極めて巨大に感じてしまう。

 このサイズ(幅236×奥行116×高さ45mm)は机の上のモノを相当整理しないと収まりそうにない。また付属のACアダプターも結構大きなサイズだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン