このページの本文へ

メルカリお得情報局 スマホで簡単安心フリマ生活 第29回

現金化は合計1万円以上になるまで待ちが正解!

メルカリの売上を現金に変える振込申請の方法と上手く使うコツ

2018年03月20日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「メルカリを使い始めてみたいけれど、フリマアプリってどう使えばいいんだろう……?」そんな悩みに毎週2回お答えするのがこの連載。SNSの最新情報・若者動向を追い続けるITジャーナリストの高橋暁子さんが、規約変更で安心・手軽になったメルカリのTIPSやお得なお知らせをやさしくお伝えします。

大人気フリマアプリのメルカリを楽しく安心して使う方法を毎週2回お届けします

Q:振込申請のコツとやり方を教えて!
A:最短翌営業日の振込だが「合計1万円」になるまで待とう

 メルカリで出品・販売する際に気になるのが、売上を現金化する「振込申請」だろう。振込申請の使い方とコツについてご紹介したい。

 売上残高が211円以上あれば、振込申請ができる。つまり、メルカリでの売上を現金化できるのだ。ただし、申請金額が1万円以上になれば振込手数料は無料だが、申請金額が1万円未満の場合は210円かかってしまう。合計1万円以上になるまで待つか、振込申請はせず他の商品を購入するのに使うのがおすすめだ。

 振込申請のやり方は以下の通り。まずホーム上部三本線をタップしてメニューを表示し、「設定」→「売上・振込申請」をタップ。続いて、「振込申請をして現金を受け取る」をタップ。振込先の口座情報、住所や生年月日を入力・確認し、「振込申請金額」をタップして振込したい金額を入力しよう。これは、振込手数料を含めた金額に。

メニューを表示し「設定」をタップ

「売上・振込申請」をタップ

「振込申請をして現金を受け取る」をタップ

振込先の口座情報、住所や生年月日を入力しよう

 さらに、「お急ぎ振込」の「選択してください」をタップし、「お急ぎ振込を利用しない」または「お急ぎ振込を利用する(手数料200円)」をタップし、「確認する」→「振込申請をする」をタップで完了となる。

 「お急ぎ振込」という方法は、お財布がピンチでどうしてもすぐに振り込んでほしいという場合は便利な方法だ。営業日の0時00分~8時59分に振込申請した場合は翌営業日に振り込まれるなど、非常にスピーディに振り込んでもらえるのだ。ただし、通常の振込手数料(1万円未満は210円、1万円以上は0円)に加えて、別途お急ぎ振込手数料200円がかかるので注意してほしい。

 振込申請の締切日は毎週月曜日だ。振込は、振込申請の〆切から数えて4営業日目、つまり翌金曜日に振り込まれることになる。メルカリでの買い物や振込申請は計画的に。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン