このページの本文へ

メルカリお得情報局 スマホで簡単安心フリマ生活 第31回

典型的な詐欺のパターンとその対策

メルカリの「先に受取評価をしてください」詐欺に注意

2018年03月27日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「メルカリを使い始めてみたいけれど、フリマアプリってどう使えばいいんだろう……?」そんな悩みに毎週2回お答えするのがこの連載。SNSの最新情報・若者動向を追い続けるITジャーナリストの高橋暁子さんが、規約変更で安心・手軽になったメルカリのTIPSやお得なお知らせをやさしくお伝えします。

大人気フリマアプリのメルカリを楽しく安心して使う方法を毎週2回お届けします

Q:メルカリでも詐欺行為ってあるの?
A:あります! よくあるパターンにご注意を

 メルカリには多数のユーザーがいるため、残念ながら詐欺行為も報告されている。今回は、典型的な詐欺行為のパターンと対策をご紹介していきたい。

メルカリの招待募集プレゼント企画!?

 メルカリでは、誰かをサービスに招待するとポイントやクーポンなどがもらえるキャンペーンがある。この原稿執筆時も、招待した友だちが30日以内にメルカリで商品を出品して購入されたら、最大10000円分のポイントが当たるくじ引き券プレゼントキャンペーン中だ。

 Twitterなどで「メルカリの招待」などで検索すると、「メルカリで招待を受けてくれる人募集。代わりに◯◯プレゼント」などのツイートが多数見つかる。しかし、このようなもののなかには、ポイントなどをもらい逃げするだけの詐欺も混じっているようだ。

 これからメルカリを始めるキャンペーンに参加したい人は、見知らぬ人ではなく、知人の中で招待してくれる人を探すことをおすすめする。

「先に受取評価をしてください」に注意!

 購入時の受取評価は、手元に届いた商品を確認した後にするものだ。ところが、「急いでいるので、先に受取評価をお願いします」「まず受取評価をしてください」などのお願いをされることがある。そして、うっかりお願いを聞いてしまった後、商品が手元に届かないなどのトラブルが起きる。じつは、これも詐欺行為の代表的なパターンの1つなのだ。

 対策としては、商品を受け取る前の受取評価は絶対にしないこと。受取評価をしてしまった後では、運営会社も対処できないので、絶対に注意してほしい。

ニセモノが届いた!どうする?

 ブランド物なども出品されているが、なかには偽物が混じっていることも。本物だと思って購入したのに、手元に届いたらどうも怪しい、ということがある。出品者も本物だと思って出品していた場合もあるが、偽物だとわかっていながら出品している詐欺という可能性もある。

 規約で、偽ブランド品・模倣品・レプリカ、正規品と確証がない商品と判断された場合は、取引キャンセル・商品削除・退会処分対象となる。まず出品者にメッセージで確認し、怪しい場合は絶対に受取評価はせず、運営会社に相談しよう。

色々な詐欺情報を入手しておこう

 これまで、メルカリでは色々な詐欺事件が起きている。

 たとえば2017年には人気のNintendo Switchの「箱だけ」「写真だけ」が、ゲーム機本体と誤認するような形で出品されていて問題になった。長い説明文の中に「※本商品は外箱のみであり、本体は付属しません」といった注意書きを潜ませた上で、本体込みと誤認しがちな価格を設定していた。

 チケット詐欺も起きている。使用済み入園チケットを販売していたり、身分証提示が必要で使えないライブチケットを売っている例など、様々な例がある。そもそも転売目的で得たとみなされるチケットや、代金支払証明書・引換票・別途支払いが必要となるチケットなどの販売は、規約で禁止されている。

 メルカリで詐欺に遭いたくなければ、このような情報を入手しておくことがおすすめだ。これまで説明したような注意事項を守りつつ、安全に取引を楽しんでほしい。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン