このページの本文へ

メルカリお得情報局 スマホで簡単安心フリマ生活 第28回

メルカリと同時出品でチャンスが倍に!

すでに定番! コミック・DVDフリマ「メルカリカウル」の使い方

2018年03月17日 10時00分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「メルカリを使い始めてみたいけれど、フリマアプリってどう使えばいいんだろう……?」そんな悩みに毎週2回お答えするのがこの連載。SNSの最新情報・若者動向を追い続けるITジャーナリストの高橋暁子さんが、規約変更で安心・手軽になったメルカリのTIPSやお得なお知らせをやさしくお伝えします。

大人気フリマアプリのメルカリを楽しく安心して使う方法を毎週2回お届けします

Q:「メルカリカウル」の使い方を教えて!
A:バーコードを読み込み、撮影するだけ

 メルカリカウルをご存知だろうか。本、CD、DVD、ゲーム専用のフリマアプリだ。最近は古本屋などに持ち込んでも値がつかないことも多いが、人気の新刊など定価の100円引き程度という高値で取引されることも。今回はこのメルカリカウルの使い方をご紹介したい。

 まずはアプリストアで「メルカリカウル」アプリをダウンロードしよう。起動すると、自分のメルカリアカウントと共に「メルカリアカウントでログインをしてカウルをはじめる」というメッセージが表示されるので、「カウルをはじめる」をタップするとホーム画面が表示される。

メルカリカウルアプリをダウンロード

「カウルをはじめる」をタップ

ホーム画面

 商品をタップすると、商品情報と共に、新品の値段と出品されている値段がわかる。新品はここから購入もできる。売れ筋商品なら、中古でもかなり高値で取引されていることがわかるはずだ。

 「中古を見る」で、出品されている商品一覧が表示される。「販売中」では現在出品されている商品が安い順に並んでいる。「最安値で購入する」と表示されているのが最安値商品だ。「売り切れ」をタップすると、過去に出品されていた商品の値段がわかるので、値付けや購入の参考にしよう。

商品をタップすると、新品の値段と中古で出品されている値段がわかる

「販売中」では、現在出品されている商品が安い順に並ぶ

「売り切れ」をタップすると、過去に出品されていた商品の値段がわかる

 下部で「ホーム」「ランキング」「ピックアップ」「マイページ」が切り替えられる。「ランキング」ページは、上部でさらに「ゲーム」「本」「コミック」などのカテゴリーごとに切り替えられる。

 初期に表示されるのは「中古人気順」だ。「中古人気順」をタップで並び順が変えられる。「すべて(カテゴリー)」をタップで表示内容を絞り込むこともできる。「-69%」などの数字は定価から安くなった割合を指すので、この数字が高いほどお得ということになる。

 「ピックアップ」では人気の作家、漫画家、アーティストなどが一覧できる。作家や漫画家などに「いいね」をすれば、出品されたときに通知が受け取れて便利だ。

ランキング画面。上部でカテゴリーを切り替えよう

「中古人気順」をタップで並び順が変えられる

「すべて(カテゴリー)」をタップで表示内容が絞り込める

ピックアップ画面

作家や漫画家に「いいね」もできる

 出品したい場合は、下部の「出品」をタップ。初回はカメラへのアクセス許可メッセージが表示されるので、「OK」をタップしよう。続いて、出品したい商品のバーコードを読み込むと商品情報が表示される。

 商品写真を最大4枚まで撮影し、商品の状態を選び、1000文字以内で商品説明を記入。そして配送方法、発送元の地域、発送までの日数を選び、値付けをして、「出品する」をタップで出品できる。メルカリとほとんど同じなのでこちらも参考にしてほしい。値付けはこちらを参考にするといいだろう。

 なお、メルカリカウルで出品すると、「メルカリ」でも同時出品されるので、手間なく売れやすくなる。ぜひ試してみてほしい。

カメラからのアクセス許可は「OK」をタップ

出品したい商品のバーコードを読み込もう

各情報を記入・選択後、「出品する」で出品できる

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン